外資系エアラインの客室乗務員になるには 

外資系エアラインの客室乗務員になりたい!、特にエアラインの採用試験は初めての方は一体どのような採用試験なのか?どのような人が合格するのか?外資系エアラインの客室乗務員に合格する為にはどのような準備をしたらいいのか?よくわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?ここでは、初めて外資系エアラインの客室乗務員採用試験を受験する人が就活準備を始める際に知っておくと役に立つことをお伝えしていきます。

保護中: 外資系エアライン客室乗務員採用試験の最終面接突破するには

外資系エアラインの最終面接はほぼ100%英語で行われます。日本語でも結構大変ですが、さらにそれを英語で伝えなくてはいけないので余計に心配になる方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、3回外資系エアライン最終面接を突破した経験から対策のアドバイスをお伝えします。

スポンサーリンク

エアライン面接で最も大切な瞬間

客室乗務員にとってお客様と初めて顔を合わせるときにポジティブな第一印象を持ってもらう事が大切ですが、「就活でも第一印象が大事」とよく言われています。その第一印象をよくするために、笑顔やアイコンタクトそれから姿勢など様々なことに気を配り気合いを入れるところですよね。ほんのわずか10数秒ですが、その間に面接官の頭の中はどのようなことが起こっているのかご存知ですか?

保護中: JAL・ANA客室乗務員合格に繋がる企業研究のやり方

客室乗務員になるために、希望するエアラインに合格する為にあなたはどのような企業研究をしていらっしゃいますか?なんとなくこんな感じかなぁ?とか周りがやっているやり方でやってしまうと何の効果も得られず、むしろ無意味な時間を費やしてしまう可能性もあります。 そこで今回はJALやANAの客室乗務員に合格するための企業研究のやり方をお伝えします。

保護中: 外資系エアライン客室乗務員になるための筆記試験対策

外資系エアラインで行われる筆記試験の多くは、客室乗務員になるためのイニシャルトレーニングや客室乗務員として働く際、業務をスムースに遂行するためのスキルがあるかどうかをチェックするテストです。英語のテストがほとんどで中には、オーラルテストを取り入れているところもあります。今回はこれらのテストの内容と対応策をお伝えしていきます。

スポンサーリンク