エアライン合格までにぶつかる様々な壁

就活を始めてから内定を取るまで多くの人は、様々な壁にぶつかります。

TOEICの点数が600点なかなか超えない
仕事が忙しくて準備に時間が取れない
周りと比べて落ち込む
合格した友達を素直に喜べない
モチベーションがキープできない
書類選考に通らない
1次試験2次試験でいつも敗退
最終まで行ったのに不合格など

準備段階で起こる気持ちの浮き沈みでぶつかる壁、また実際の試験で思うようにいかないこともあります。そのたびに、自己嫌悪に陥ったり自信をなくしたりしていませんか?

人間ですので、気持ちにUPダウンがあるのは仕方有りません。ずーっと一定の感情をキープ出来る人の方が珍しいと思います。実際就活を始めて結果が出るまでもストレートに合格に繋げられる人はごくわずか。

就活スキルを身につけるプロセス

就活生は、この図の赤い線のようにメンタルな浮き沈みを経験しながら本番実践を繰り返すことで必要な就活スキルを身につけて成長していきます。そしてたびたび襲いかかる試練を乗り越えて合格を手に入れるのです。

スポンサーリンク

就活プロセスの理想と現実

ところが、実際多くの人はスタートから青の線のように直線で成長していくと思い込みます。

理想と現実が重なっていれば何の問題もありません。けれども、あるとき直線の理想と曲線の現実にギャップができます。

ここが就活の中でも大変な時期。例えば、書類に通過しないとか就活がなかなかうまく行かない時期。そこのギャップが大きければ大きいほど精神的にも落ち込んで自信をなくしてしまうのです。そこから軌道修正するのも大変なので、成長しているにもかかわらず途中で離脱してしまう人も出てきます。

現在のあなたはこの図のどこにいますか?
もしかしたらギャップの最中にいるかもしれないですね。

ここでふんばったらあなたは更に成長することができます。力尽きたら、また一からやり直し。もしくはマイナスからのスタートとなってしまうかも。

エアラインに合格するための心構え

エアライン受験準備をスタートさせるに当たって、今後待ち受けている様々な壁にどのようにぶつかっていくか前もって心構えをしておくことが大事です。

就活途中どん底に陥ったときでも、「今が一番辛いときなんだ。」と客観的に自分を見つめることもできます。

客室乗務員になるために就活をスタートさせ合格するまでは、色々乗り越えなくてはならない壁がある。ギャップの中に入っている時は特に苦しいときなんだ。そしてそれを乗り越えれば更に自分は成長していると信じてひたすら前に進みましょう。

そうすれば感情をコントロールするのに役立ちますし、途中で離脱することも防ぐことができます。

スポンサーリンク