エアライン受験とリクルートスーツ

就活を始める時真っ先に用意するものの1つにリクルートスーツがありますよね。客室乗務員を目指して新卒の方も、既卒の方もどのようなスーツがいいのかとても迷っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

色は?黒?

形は?スタイルがよく見えるもの?

インナーは?白のカットソー?
襟付き白シャツ?

靴は?

ヒールは何㎝がいいの?

髪型は?シニョン?夜会巻きじゃだめ?

マニュキュアは?

アクセサリーは?パール?

ピアス複数穴空いているけれどだめ?

メークはナチュラル?

カラコンは?だめ?

スーツと一緒にその他のことまで色々と気になり、悩みや迷いが尽きませんよね。

エアライン合格スーツの選び方

エアラインの採用試験を受験する際に、何を基準にしてスーツなど選んでいらっしゃいますか?もしかしたら、エアラインを受験するならこうあるべきというイメージで、色や髪型はすでに決まっていませんか?

リクルートスーツは黒じゃないといけないのでしょうか?

インナーはカットソーじゃないといけないのでしょうか?

何故あなたはシニョンを選ぶのでしょうか?

それらを選ぶ理由は何か考えたことがありますか?

客室乗務員に合格するためには、サービス業にふさわしい見た目も大事な要素。ですので、リクルートスーツなどもあなたをアピールする強力な武器になります。その強力な武器の選び方も、「こうあるべき」「みんながしているから」という理由で選んでいるとその他大勢の受験生に埋もれてしまう可能性があります。

客室乗務員のリクルートスーツ今昔物語

以前新聞の記事で、JALの1980年代と現在の入社式の写真が載っていたのを見たことがあります。1980年代の方々は大半はジャケットを着ていらっしゃいますが、色や形、柄などはばらばら髪型も誰1人シニョン等している人は見かけません。

ところが、最近の入社式の風景ではほとんど全員上から下まですべて同じ。そして立ち姿やお辞儀の仕方までもトレーニングを受ける前にもかかわらず、同じ。

スポンサーリンク

90年代の新卒JAL受験では、受験生のほとんどは紺色のリクルートスーツの中、私自身はスーツはダークグレー、髪型はあえて長かった髪を切りボブスタイル。そして、JALの最終面接では真夏だったので半袖、ツイード素材の淡いピンクのスーツを着ていきました。

一次試験では白のスーツで受験される方もいらっしゃいました。その数年後、知人がJALの既卒を受験したときにはなんと金ボタンのカラースーツで受験して見事合格しています。

人と違う事を恐れないこと

「時代が違うから」で片付けないでくださいね。その理由だけでまわりと同じ見た目にするには、もったいなさすぎます!なぜならば、今の受験生はみんな同じ格好なので面接していてもおもしろくないという面接官の声を聞いたことがあるからです。

海外の客室乗務員に合格した方のHow to 動画などをみていても、黒のスーツにシニョンスタイルをすすめたりしているのを見ると世界的な現象なのでしょうか?

みんな同じなので、その人の個性がわかりにくい。わかりにくいということは、よっぽど伝える内容や話し方、雰囲気などが個性的でないとしっかり面接官にわかってもらえないということです。

面接という公の場所ではあるので、それを尊重することはとても大事。問題は、その上でどのように最大限自分の個性を発揮するのか?それには大勢の受験生と差別化できる戦略が必要です。

最近、面接に「私服」や「ビジネスカジュアル」で来て下さいというエアラインも増えてきています。人と同じではいけない理由に世界一愛されるエアラインを目指すJALも世界のリーディングエアラインを目指すANAも、社員一人一人の個性がますます重要になってくるからです。

*JALやANAの客室乗務員を目指す受験生は、個性を大切にしなくては行けない理由はこちらの記事で説明しています。

自分らしさを伝える為に

エアラインに自分の個性をしっかり伝える為の戦略として、セルフプロデュースを提案しています。このセルフプロデュースという戦略は、あなたの自己分析で得られた”軸”をベースにしたものです。合格するためのアピアランス(見た目)作りに役立ちます。

リクルートスーツ選びを始め、様々なアイテムを選ぶ際すべてこの軸を基準にすれば判断しやすく悩みません!

詳しい方法は、独学マニュアル本でご説明しておりますのでそちらをご覧下さい!

独学で客室乗務員になろう!マニュアル本

スポンサーリンク
エアラインに合格するためのリクルートスーツの選び方http://ca-lab.link/wp-content/uploads/2017/07/gahag-0037199580-1.jpghttp://ca-lab.link/wp-content/uploads/2017/07/gahag-0037199580-1-150x150.jpgca-labエアライン就活準備編自己プロデュース                              エアライン受験とリクルートスーツ 就活を始める時真っ先に用意するものの1つにリクルートスーツがありますよね。客室乗務員を目指して新卒の方も、既卒の方もどのようなスーツがいいのかとても迷っている方もいらっしゃるのではないでしょうか? 色は?黒? 形は?スタイルがよく見えるもの? インナーは?白のカットソー? 襟付き白シャツ? 靴は? ヒールは何㎝がいいの? 髪型は?シニョン?夜会巻きじゃだめ? マニュキュアは? アクセサリーは?パール? ピアス複数穴空いているけれどだめ? メークはナチュラル? カラコンは?だめ? スーツと一緒にその他のことまで色々と気になり、悩みや迷いが尽きませんよね。 エアライン合格スーツの選び方 エアラインの採用試験を受験する際に、何を基準にしてスーツなど選んでいらっしゃいますか?もしかしたら、エアラインを受験するならこうあるべきというイメージで、色や髪型はすでに決まっていませんか? リクルートスーツは黒じゃないといけないのでしょうか? インナーはカットソーじゃないといけないのでしょうか? 何故あなたはシニョンを選ぶのでしょうか? それらを選ぶ理由は何か考えたことがありますか? 客室乗務員に合格するためには、サービス業にふさわしい見た目も大事な要素。ですので、リクルートスーツなどもあなたをアピールする強力な武器になります。その強力な武器の選び方も、「こうあるべき」「みんながしているから」という理由で選んでいるとその他大勢の受験生に埋もれてしまう可能性があります。 客室乗務員のリクルートスーツ今昔物語 以前新聞の記事で、JALの1980年代と現在の入社式の写真が載っていたのを見たことがあります。1980年代の方々は大半はジャケットを着ていらっしゃいますが、色や形、柄などはばらばら髪型も誰1人シニョン等している人は見かけません。 ところが、最近の入社式の風景ではほとんど全員上から下まですべて同じ。そして立ち姿やお辞儀の仕方までもトレーニングを受ける前にもかかわらず、同じ。 90年代の新卒JAL受験では、受験生のほとんどは紺色のリクルートスーツの中、私自身はスーツはダークグレー、髪型はあえて長かった髪を切りボブスタイル。そして、JALの最終面接では真夏だったので半袖、ツイード素材の淡いピンクのスーツを着ていきました。 一次試験では白のスーツで受験される方もいらっしゃいました。その数年後、知人がJALの既卒を受験したときにはなんと金ボタンのカラースーツで受験して見事合格しています。 人と違う事を恐れないこと 「時代が違うから」で片付けないでくださいね。その理由だけでまわりと同じ見た目にするには、もったいなさすぎます!なぜならば、今の受験生はみんな同じ格好なので面接していてもおもしろくないという面接官の声を聞いたことがあるからです。 海外の客室乗務員に合格した方のHow to 動画などをみていても、黒のスーツにシニョンスタイルをすすめたりしているのを見ると世界的な現象なのでしょうか? みんな同じなので、その人の個性がわかりにくい。わかりにくいということは、よっぽど伝える内容や話し方、雰囲気などが個性的でないとしっかり面接官にわかってもらえないということです。 面接という公の場所ではあるので、それを尊重することはとても大事。問題は、その上でどのように最大限自分の個性を発揮するのか?それには大勢の受験生と差別化できる戦略が必要です。 最近、面接に「私服」や「ビジネスカジュアル」で来て下さいというエアラインも増えてきています。人と同じではいけない理由に世界一愛されるエアラインを目指すJALも世界のリーディングエアラインを目指すANAも、社員一人一人の個性がますます重要になってくるからです。 *JALやANAの客室乗務員を目指す受験生は、個性を大切にしなくては行けない理由はこちらの記事で説明しています。 自分らしさを伝える為に エアラインに自分の個性をしっかり伝える為の戦略として、セルフプロデュースを提案しています。このセルフプロデュースという戦略は、あなたの自己分析で得られた”軸”をベースにしたものです。合格するためのアピアランス(見た目)作りに役立ちます。 リクルートスーツ選びを始め、様々なアイテムを選ぶ際すべてこの軸を基準にすれば判断しやすく悩みません! 詳しい方法は、独学マニュアル本でご説明しておりますのでそちらをご覧下さい! 独学で客室乗務員になろう!マニュアル本JAL・ANA・日系・外資系エアライン就活準備応援サイト