エアライン面接での緊張感はコントロールできるのか?

独特な雰囲気の中で行われるエアライン面接での緊張感。多くの方が経験されていると思います。それに対してどのような対処をされていますか?

面接でこんな”緊張”経験ありませんか??

これまでにエアラインの採用試験を受験された方はご経験があると思いますが、客室乗務員の採用試験は一種独特の雰囲気がありますよね。

新卒はまだ学生だけですが既卒になると年齢も様々ですし、現役客室乗務員もいれば、そうでない人もいる。様々な人が入り交じった中で始まる面接。

さっきまで、落ち着いていたのに面接官の顔を見たとたん体がこわばって、笑顔が引きつり状態になりそれをなんとかしようとすればするほど固まってくる。

面接の最中だから面接に集中しなくてはいけないのに、自分をコントロール出来ないことにあせってしまい質問にもうまく答えられなくなって、ますますあせる。

面接官にベストな自分を見てもらいたい!客室乗務員にふさわしいと認めてもらいたい!という気持ちが強すぎて空回りしてしまった。

もしかして、身に覚えはありませんか?

エアライン受験生全員が感じるプレッシャー

程度の差はありますが、ほとんどの方は面接で緊張感やプレッシャーを感じていらっしゃると思います。でも、いざ終わってみると何であんなに浮き足立ってしまったのか?なんであんなに緊張していたのか不思議に思うくらい!

面接が終わって冷静になったところで、面接の質問を振り返ると何であんな答えをいってしまったのだろうと後悔の嵐。普段なら、誰とでも積極的に話せるのに、、、

緊張は人間の本能

そもそも、この自分のパフォーマンスを変えてしまうほどの“緊張”一体何故起こるのでしょうか?

緊張:心やからだが引き締まること。慣れない物事などに直面して、心が張りつめてからだがかたくなること。引用元:デジタル大辞泉

緊張すると顔がこわっばったりして筋肉が硬くなる、呼吸が速くなる、血流が早くなるなど体の反応として現れます。実はこの“緊張”人間の防衛本能なのだそうです。獲物を狙って狩りをする動物や、逆に狙われてていることが分かった動物も緊張するらしいです。遙か昔、狩猟時代の名残。

面接は戦闘態勢状態

面接など人前に出るとき周りから攻撃される可能性もあるので、防衛本能を呼び起こし緊張状態にして戦闘態勢に入る体の反応なのですね。

確かに、リラックスした状態では素早い動きや反応はできませんし、面接質問の対応は素早い理解と対応が求められます。なので緊張はしてはいけないものではなく、むしろ面接という戦闘態勢においては必要なものと言えます。

適度な緊張は集中力もつきます。だからポジティブで必要なものと認識してください。緊張していいんです!

度が過ぎた緊張

ただ、問題なのは過度な緊張。

『過ぎたるは猶(なお)及ばざるが如し』

「度を過ぎてしまったものは、程度に達しないものと同じで、どちらも正しい中庸の道ではない」(広辞苑より)

ことわざにあるように、何事もバランスが大切。

トラウマになる過度な緊張

面接の時のあの何とも言えない緊張は、本当に辛いですよね。
一度経験をしていたらなおさら、またあのようになってしまうのではないかとトラウマ状態に陥ってしまうこともあります。

それでも、面接において緊張は必要ということをお伝えしましたように、緊張はしてはいけないと否定するより適度な緊張は必要なものだと是非受け入れてください!

過度な緊張を防ぐために

過度な緊張を防ぐためのアドバイスは、『採用面接というシチュエーションに対して免疫を付けること。』です。

思い出して下さい。入学式や入社式、新しい学校、新しい職場など知らない環境に遭遇する時もやはり多くの人は緊張します。

でも、1年も経てば学校行くのにドキドキするなんて言う人はいませんよね。人は、その環境に慣れてくると緊張しなくなるものです。

採用面接も同じ。

採用面接試験自体に慣れる、面接官と話すことや面接の雰囲気に慣れる、面接の緊張感に慣れることをすれば過度な緊張感を感じずに済みます。

新卒・既卒エアライン受験生へのアドバイス

新卒の方は、やる気さえあれば実践面接を経験することは簡単です。

既卒の方は、そういうわけにはあまりいきませんがチャンスがあればできるだけ受験して雰囲気に慣れることが過度な緊張を押さえる秘訣。

もし、ムリでしたらイメージトレーニングも有効。面接の会場で最高のパフォーマンスをしている自分をイメージするだけでも違います。

イメージをする時は、なるべく表情、姿勢、話し方、周りの雰囲気、部屋の温度、匂いなど五感をフル活用してイメージしてください。

そして、面接の質問に対しても様々な想定問題用意して何度も何度も繰り返し答えの練習をしてください。覚えた文章を何度も言うのではありません。質問事に頭の中にあるあなたの情報から的確に引っ張ってくることが出来るよう、面接脳を養うのです。

どのような質問が来ても、大丈夫という位まで練習すれば面接の質問にも慣れてきます。

その他にも、面接というシチュエーションに慣れる方法は色々考えられます。自分に合った方法を探してみるのもいいです。

要は、過度な緊張感を持たないよう面接という場にあらかじめ慣れておくこと。これが過度な緊張感を取り除くためには有効です。

エアライン合格脳を作る

緊張についてそして緊張をとりのぞく方法をお伝えしてきましたが、実は緊張を取り除くためにはもう一つ重要な作業があります。

それは過度な緊張を防ぐ思考に変える作業。言い換えれば合格するための思考です。エアライン面接で一次二次と進んでいざ最終面接!というときに緊張してしまいうまく自分を出せない人がいらっしゃいます。その方達は、ある共通した思考を持っています。

それは“合格”というプレッシャー。

合格したい!
絶対客室乗務員になる。
このエアラインに絶対行きたい!
客室乗務員以外考えられない。

実は、この気持ちが強ければ強いほど過度な緊張を呼んでしまい、本番のパフォーマンスに影響を及ぼします。

優勝目前にしたスポーツ選手が残念ながら負けてしまった際のインタビューで、「勝ちを意識しすぎてしまった」ということを聞いたことがありませんか?この場合は、相手との力量の差もあるかもしれませんが、優勝プレッシャーに打ち勝てなかったことも大きな原因と考えられます。

エアライン受験生の方も最終面接を突破するためには、エアライン合格プレッシャーをなくす”合格脳”が必要です。

この「エアライン合格のプレッシャーを取り除く方法」については、独学で客室乗務員になるマニュアル本特典レポートでご覧いただけます。

 

スポンサーリンク
客室乗務員になるための面接緊張対策法http://ca-lab.link/wp-content/uploads/2017/01/mensetsu_hitori_woman.pnghttp://ca-lab.link/wp-content/uploads/2017/01/mensetsu_hitori_woman-150x150.pngca-labエアライン就活実践編エアライン面接突破術(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); エアライン面接での緊張感はコントロールできるのか? 独特な雰囲気の中で行われるエアライン面接での緊張感。多くの方が経験されていると思います。それに対してどのような対処をされていますか? 面接でこんな”緊張”経験ありませんか?? これまでにエアラインの採用試験を受験された方はご経験があると思いますが、客室乗務員の採用試験は一種独特の雰囲気がありますよね。 新卒はまだ学生だけですが既卒になると年齢も様々ですし、現役客室乗務員もいれば、そうでない人もいる。様々な人が入り交じった中で始まる面接。 さっきまで、落ち着いていたのに面接官の顔を見たとたん体がこわばって、笑顔が引きつり状態になりそれをなんとかしようとすればするほど固まってくる。 面接の最中だから面接に集中しなくてはいけないのに、自分をコントロール出来ないことにあせってしまい質問にもうまく答えられなくなって、ますますあせる。 面接官にベストな自分を見てもらいたい!客室乗務員にふさわしいと認めてもらいたい!という気持ちが強すぎて空回りしてしまった。 もしかして、身に覚えはありませんか? エアライン受験生全員が感じるプレッシャー 程度の差はありますが、ほとんどの方は面接で緊張感やプレッシャーを感じていらっしゃると思います。でも、いざ終わってみると何であんなに浮き足立ってしまったのか?なんであんなに緊張していたのか不思議に思うくらい! 面接が終わって冷静になったところで、面接の質問を振り返ると何であんな答えをいってしまったのだろうと後悔の嵐。普段なら、誰とでも積極的に話せるのに、、、 緊張は人間の本能 そもそも、この自分のパフォーマンスを変えてしまうほどの“緊張”一体何故起こるのでしょうか? 緊張:心やからだが引き締まること。慣れない物事などに直面して、心が張りつめてからだがかたくなること。引用元:デジタル大辞泉 緊張すると顔がこわっばったりして筋肉が硬くなる、呼吸が速くなる、血流が早くなるなど体の反応として現れます。実はこの“緊張”人間の防衛本能なのだそうです。獲物を狙って狩りをする動物や、逆に狙われてていることが分かった動物も緊張するらしいです。遙か昔、狩猟時代の名残。 面接は戦闘態勢状態 面接など人前に出るとき周りから攻撃される可能性もあるので、防衛本能を呼び起こし緊張状態にして戦闘態勢に入る体の反応なのですね。 確かに、リラックスした状態では素早い動きや反応はできませんし、面接質問の対応は素早い理解と対応が求められます。なので緊張はしてはいけないものではなく、むしろ面接という戦闘態勢においては必要なものと言えます。 適度な緊張は集中力もつきます。だからポジティブで必要なものと認識してください。緊張していいんです! 度が過ぎた緊張 ただ、問題なのは過度な緊張。 『過ぎたるは猶(なお)及ばざるが如し』 「度を過ぎてしまったものは、程度に達しないものと同じで、どちらも正しい中庸の道ではない」(広辞苑より) ことわざにあるように、何事もバランスが大切。 トラウマになる過度な緊張 面接の時のあの何とも言えない緊張は、本当に辛いですよね。 一度経験をしていたらなおさら、またあのようになってしまうのではないかとトラウマ状態に陥ってしまうこともあります。 それでも、面接において緊張は必要ということをお伝えしましたように、緊張はしてはいけないと否定するより適度な緊張は必要なものだと是非受け入れてください! 過度な緊張を防ぐために 過度な緊張を防ぐためのアドバイスは、『採用面接というシチュエーションに対して免疫を付けること。』です。 思い出して下さい。入学式や入社式、新しい学校、新しい職場など知らない環境に遭遇する時もやはり多くの人は緊張します。 でも、1年も経てば学校行くのにドキドキするなんて言う人はいませんよね。人は、その環境に慣れてくると緊張しなくなるものです。 採用面接も同じ。 採用面接試験自体に慣れる、面接官と話すことや面接の雰囲気に慣れる、面接の緊張感に慣れることをすれば過度な緊張感を感じずに済みます。 新卒・既卒エアライン受験生へのアドバイス 新卒の方は、やる気さえあれば実践面接を経験することは簡単です。 既卒の方は、そういうわけにはあまりいきませんがチャンスがあればできるだけ受験して雰囲気に慣れることが過度な緊張を押さえる秘訣。 もし、ムリでしたらイメージトレーニングも有効。面接の会場で最高のパフォーマンスをしている自分をイメージするだけでも違います。 イメージをする時は、なるべく表情、姿勢、話し方、周りの雰囲気、部屋の温度、匂いなど五感をフル活用してイメージしてください。 そして、面接の質問に対しても様々な想定問題用意して何度も何度も繰り返し答えの練習をしてください。覚えた文章を何度も言うのではありません。質問事に頭の中にあるあなたの情報から的確に引っ張ってくることが出来るよう、面接脳を養うのです。 どのような質問が来ても、大丈夫という位まで練習すれば面接の質問にも慣れてきます。 その他にも、面接というシチュエーションに慣れる方法は色々考えられます。自分に合った方法を探してみるのもいいです。 要は、過度な緊張感を持たないよう面接という場にあらかじめ慣れておくこと。これが過度な緊張感を取り除くためには有効です。 エアライン合格脳を作る 緊張についてそして緊張をとりのぞく方法をお伝えしてきましたが、実は緊張を取り除くためにはもう一つ重要な作業があります。 それは過度な緊張を防ぐ思考に変える作業。言い換えれば合格するための思考です。エアライン面接で一次二次と進んでいざ最終面接!というときに緊張してしまいうまく自分を出せない人がいらっしゃいます。その方達は、ある共通した思考を持っています。 それは“合格”というプレッシャー。 合格したい! 絶対客室乗務員になる。 このエアラインに絶対行きたい! 客室乗務員以外考えられない。 実は、この気持ちが強ければ強いほど過度な緊張を呼んでしまい、本番のパフォーマンスに影響を及ぼします。 優勝目前にしたスポーツ選手が残念ながら負けてしまった際のインタビューで、「勝ちを意識しすぎてしまった」ということを聞いたことがありませんか?この場合は、相手との力量の差もあるかもしれませんが、優勝プレッシャーに打ち勝てなかったことも大きな原因と考えられます。 エアライン受験生の方も最終面接を突破するためには、エアライン合格プレッシャーをなくす”合格脳”が必要です。 この「エアライン合格のプレッシャーを取り除く方法」については、独学で客室乗務員になるマニュアル本特典レポートでご覧いただけます。  JAL・ANA外資系エアライン3社独学合格経験を持つ元外資系CAの就活合格術