何がいけないの?

客室乗務員を目指しているのに、なかなか良い結果に繋がらない。 一生懸命がんばっているのに、ご縁がない。 ”なる気””やる気”は人に負けないくらいあるのに、結果が伴わない。 辛い状態ですよね。 ここで、冷静に状況を直視してみましょう。

結果に繋がらない理由

結果が出ない理由は次のどれかに当てはまる可能性があります。

1:客室乗務員に実は向いていない

2:自分より実力のある人がたくさんいる。もしくは、今回はご縁がなかった

3:採用側に自分が伝わっていない

1は、気持ちはあるけれど本質的に違う、いわゆるミスマッチ。これは、客観的に自分を深掘りすればわかります。 2は、資質はあるけれど自分よりその時の採用基準に合った人達がたくさんいて、合格圏内に入ることができなかった。 これは、ある程度実力のある方。1、2次面接や時には最終まではいくけれど、結果に繋がらないのがこのケース。 客室乗務員に求める資質など基本的な部分は不変ですが、その他の要素は毎回違うので、ここにどれだけあてはまる存在になるかが鍵です。

けれども、そもそも合格基準などは外部の人間は知る事はできませんよね。 また、面接官との相性などもあります。就活は、実力だけで合格出来ない、ご縁や運が必要とも言われる所以です。 これは、課題克服と採用基準に合致したエアラインとの出会いがあるまで受験を続ければクリアできる可能性はUPします。

そして最後の3、そもそも採用側に自分をわかってもらえていない。資質はあるけれど、伝わっていないために評価してもらえない。 良い結果に繋がらないのはこのケースに当てはまる方が、実は一番多いです。ここの課題を克服せずに時間ばかり過ぎてしまった。ということもあるかもしれません。

”自分”をしっかり伝えましたか?

これまでの試験はいかがでしたか?過去の受験を思い出してみてください。 自分をしっかり伝えている自信はありましたか?そして、これまでどのような準備をしてきましたか? 毎回、受験結果がでたあとしっかり振り返りましたか?課題を見つけて、克服しましたか?

スポンサーリンク

自分をしっかり伝える戦略

先日、ビジネス構築のためのウエブセミナーを見ていました。 講師は、ネット起業の立ち上げをサポートしアメリカのみならず世界で活躍する人を多く輩出している人です。 その中で、起業に失敗する人は、「その人が問題でなく戦略の問題である。」という講師の言葉に思わず反応してしまいました。

なぜならまさにエアライン就活にも当てはまるからです。全ての本質は同じなのだ!と感激しました。自分を伝えられないのは、 その人が問題ではなく準備法が間違っているということが考えられます。

エアラインの面接では、自分という商品を売り込まなくてはいけません。 売り込むには、他の人と同じ売り込み方をしていたら区別つかないですよね。 周りの人と同じ準備で受験に臨むと区別がつきにくい可能性が高いです。 一般新卒就活でもそうですが、倍率が高い企業になればなるほど、人とは違うやり方をするのが合格セオリー。

他の人と何が違うのか?どういう人なのか?そのエアラインは、あなたを採用することによってどのようなメリットを得るのか?他の人との違いをアピールしなくてはいけないのです。 そのために必要なのは、あなた独自の売り込むための戦略。就活スキル向上と合格センスを身につけるという準備をすること。それが、最速最短でCAになる方法なのです。

あなたの準備法は本当に正しいですか?

今の現状はこれまで自分が良いと思って準備してきた結果です。 独学で準備している方も、スクールに通学されながら準備している方も、どちらもこれまでやってきた準備は、ある意味自己流。 自己流の結果が今の状態の結果でもあります。 この先も自己流で通して大丈夫ですか?

自己流で、はしごを掛けるところを間違えて 一生懸命登りつめても思い描いたところにはたどり着けません。 しっかりと、ゴールにつながるはしごをかけなくては、思い描く結果に繋がらないのです。 是非、ここでご自分の準備法は本当にこれでいいのだろうか?ということをもう一度考えてみてください。 そして、再チャレンジする際は、必ず前回とは違う”something different”なあなたで受験することをオススメします。

 

 

 

スポンサーリンク
なかなか結果の出ない方へのアドバイスhttp://ca-lab.link/wp-content/uploads/2017/08/easy_ways_to_boost_self_confidence-580x435.jpghttp://ca-lab.link/wp-content/uploads/2017/08/easy_ways_to_boost_self_confidence-150x150.jpgca-labエアライン合格の鍵エアライン就活準備編シチュエーション別アドバイス(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 何がいけないの? 客室乗務員を目指しているのに、なかなか良い結果に繋がらない。 一生懸命がんばっているのに、ご縁がない。 ”なる気””やる気”は人に負けないくらいあるのに、結果が伴わない。 辛い状態ですよね。 ここで、冷静に状況を直視してみましょう。 結果に繋がらない理由 結果が出ない理由は次のどれかに当てはまる可能性があります。 1:客室乗務員に実は向いていない 2:自分より実力のある人がたくさんいる。もしくは、今回はご縁がなかった 3:採用側に自分が伝わっていない 1は、気持ちはあるけれど本質的に違う、いわゆるミスマッチ。これは、客観的に自分を深掘りすればわかります。 2は、資質はあるけれど自分よりその時の採用基準に合った人達がたくさんいて、合格圏内に入ることができなかった。 これは、ある程度実力のある方。1、2次面接や時には最終まではいくけれど、結果に繋がらないのがこのケース。 客室乗務員に求める資質など基本的な部分は不変ですが、その他の要素は毎回違うので、ここにどれだけあてはまる存在になるかが鍵です。 けれども、そもそも合格基準などは外部の人間は知る事はできませんよね。 また、面接官との相性などもあります。就活は、実力だけで合格出来ない、ご縁や運が必要とも言われる所以です。 これは、課題克服と採用基準に合致したエアラインとの出会いがあるまで受験を続ければクリアできる可能性はUPします。 そして最後の3、そもそも採用側に自分をわかってもらえていない。資質はあるけれど、伝わっていないために評価してもらえない。 良い結果に繋がらないのはこのケースに当てはまる方が、実は一番多いです。ここの課題を克服せずに時間ばかり過ぎてしまった。ということもあるかもしれません。 ”自分”をしっかり伝えましたか? これまでの試験はいかがでしたか?過去の受験を思い出してみてください。 自分をしっかり伝えている自信はありましたか?そして、これまでどのような準備をしてきましたか? 毎回、受験結果がでたあとしっかり振り返りましたか?課題を見つけて、克服しましたか? 自分をしっかり伝える戦略 先日、ビジネス構築のためのウエブセミナーを見ていました。 講師は、ネット起業の立ち上げをサポートしアメリカのみならず世界で活躍する人を多く輩出している人です。 その中で、起業に失敗する人は、「その人が問題でなく戦略の問題である。」という講師の言葉に思わず反応してしまいました。 なぜならまさにエアライン就活にも当てはまるからです。全ての本質は同じなのだ!と感激しました。自分を伝えられないのは、 その人が問題ではなく準備法が間違っているということが考えられます。 エアラインの面接では、自分という商品を売り込まなくてはいけません。 売り込むには、他の人と同じ売り込み方をしていたら区別つかないですよね。 周りの人と同じ準備で受験に臨むと区別がつきにくい可能性が高いです。 一般新卒就活でもそうですが、倍率が高い企業になればなるほど、人とは違うやり方をするのが合格セオリー。 他の人と何が違うのか?どういう人なのか?そのエアラインは、あなたを採用することによってどのようなメリットを得るのか?他の人との違いをアピールしなくてはいけないのです。 そのために必要なのは、あなた独自の売り込むための戦略。就活スキル向上と合格センスを身につけるという準備をすること。それが、最速最短でCAになる方法なのです。 あなたの準備法は本当に正しいですか? 今の現状はこれまで自分が良いと思って準備してきた結果です。 独学で準備している方も、スクールに通学されながら準備している方も、どちらもこれまでやってきた準備は、ある意味自己流。 自己流の結果が今の状態の結果でもあります。 この先も自己流で通して大丈夫ですか? 自己流で、はしごを掛けるところを間違えて 一生懸命登りつめても思い描いたところにはたどり着けません。 しっかりと、ゴールにつながるはしごをかけなくては、思い描く結果に繋がらないのです。 是非、ここでご自分の準備法は本当にこれでいいのだろうか?ということをもう一度考えてみてください。 そして、再チャレンジする際は、必ず前回とは違う'something different'なあなたで受験することをオススメします。      JAL・ANA外資系エアライン3社独学合格経験を持つ元外資系CAの就活合格術