空気を読む

CA 採用試験の時に受験生の中には、ものすごく気負ってしまっている人を見かけます。そばにいても外見から受け答えまですべてそつがなく「私、絶対 CA になります!!」オーラ満載で、まわりがたじろぐほど。晴れの舞台で張り切るのはすごくわかるのですが、もったいない!!心勇んであまりにも度が過ぎると、不自然でかえってその場から浮いてしまうことも。

エアライン面接で泣き出す人も

また、あまりにも緊張しすぎて面接本番で泣き出してしまう受験生も実際いるそうです。

第一関門である書類選考をくぐり抜けてたどり着いた面接の機会。場の空気を読んで感情のコントロールができる冷静さを身につけるために、特にエアライン面接本番で緊張しやすい人、プレッシャーに弱い人、イメトレで準備しましょう。せっかくのチャンスをしっかりと活かして面接当日のパフォーマンスをUPさせます。

本来ならば自信がつくまで面接の本番を経験するのが一番良いのですが、そうもなかなかいきません。そこで面接のイメトレをオススメします。

面接の場を五感でイメージ

では、やりかたをご説明します。まず面接当日の様子をありありと思い浮かべてみます。 あなたは他の受験生二人と面接室の前で順番を待っています。いよいよ自分の番がきて名前を呼ばれました。ノックをして入っていった面接会場の雰囲気はどうでしょう?

目の前には二人の面接官がいます。蛍光灯のあかりや部屋の明るさ、窓からの 眺め、部屋のにおいなどそういったことを五感でイメージしておきます。イメトレをする前に理解しておいて欲しいのは、採用する側は、心を開いて待っているということです。

面接官は、最初からあなたを受け入れる態勢でいます。全員を採用することはできないけれど、全員を落とすつもりもありません。”光る人”がいたら是非採用したいという前向きでウエルカムな気持ちを持ちながら、あなたを見ているのです。

スポンサーリンク

やってみましょう

さて、では始めます。 いすの前に立つと面接官の一人がいすをすすめてくれるので座ります。受験番号と名前を伝えます。それから自己紹介をはじめいろいろな質問がされるでしょう。

どんな質問がされるでしょうか?                               そしてあなたはどうこたえるのでしょうか?

そのやりとりも実際の場面のようにイメージしておきます。                     自分の理想とする面接はどのような感じか、しっかり細部まで考えておきましょう。
声のトーンは?表情は?姿勢は?etc

面接官の中にはいじわるな質問をする人もいるかもしれません。                   ある人はにこやかに、ある人は疑い深い目つきでにらんでいるかもしれません。            しかもあなたが途中で質問の答えに詰まるような場面もあるでしょう。

そんな内心冷や汗をかくような場面にでくわしても、落ち着いてにこやかに話している自分を想定します。そして一緒に面接を受けた人たちと一緒に和やかな雰囲気の中、面接が終わる。そんなイメトレをして何度も緊張体験を味わい慣れておきましょう。

緊張感に慣れる

練習はご自分の部屋でできますが、更に安定したいすの上などに立ってイメージをすると、普段と違う目線という目新しさと高さがあるので“どきどきする”という緊張感を味わいながらイメトレや面接の受け答えの準備ができます。

どきどき感は脳に伝わるとき、緊張感の理由は必要としないらしいのです。言い換えれば、お化けに怖がる“ドキドキ”も、人前で話す“ドキドキ”も脳に入れば全く一緒なので体と脳が“ドキドキ感”に慣れておくために、わざと味わってみることもおすすめです。その際はけがしないよう十分に気をつけてくださいね。

自己分析や企業研究が終わっていましたら、続けてイメージしながら想定問題を1人で練習する”エアー面接”をしてみると更に効果があります。

スポンサーリンク
エアライン面接本番のパフォーマンスを上げるトレーニングhttp://ca-lab.link/wp-content/uploads/2017/08/Outstanding-Teacher-580x363.jpghttp://ca-lab.link/wp-content/uploads/2017/08/Outstanding-Teacher-150x150.jpgca-labエアライン合格メンタル強化法エアライン就活準備編(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 空気を読む CA 採用試験の時に受験生の中には、ものすごく気負ってしまっている人を見かけます。そばにいても外見から受け答えまですべてそつがなく「私、絶対 CA になります!!」オーラ満載で、まわりがたじろぐほど。晴れの舞台で張り切るのはすごくわかるのですが、もったいない!!心勇んであまりにも度が過ぎると、不自然でかえってその場から浮いてしまうことも。 エアライン面接で泣き出す人も また、あまりにも緊張しすぎて面接本番で泣き出してしまう受験生も実際いるそうです。 第一関門である書類選考をくぐり抜けてたどり着いた面接の機会。場の空気を読んで感情のコントロールができる冷静さを身につけるために、特にエアライン面接本番で緊張しやすい人、プレッシャーに弱い人、イメトレで準備しましょう。せっかくのチャンスをしっかりと活かして面接当日のパフォーマンスをUPさせます。 本来ならば自信がつくまで面接の本番を経験するのが一番良いのですが、そうもなかなかいきません。そこで面接のイメトレをオススメします。 面接の場を五感でイメージ では、やりかたをご説明します。まず面接当日の様子をありありと思い浮かべてみます。 あなたは他の受験生二人と面接室の前で順番を待っています。いよいよ自分の番がきて名前を呼ばれました。ノックをして入っていった面接会場の雰囲気はどうでしょう? 目の前には二人の面接官がいます。蛍光灯のあかりや部屋の明るさ、窓からの 眺め、部屋のにおいなどそういったことを五感でイメージしておきます。イメトレをする前に理解しておいて欲しいのは、採用する側は、心を開いて待っているということです。 面接官は、最初からあなたを受け入れる態勢でいます。全員を採用することはできないけれど、全員を落とすつもりもありません。”光る人”がいたら是非採用したいという前向きでウエルカムな気持ちを持ちながら、あなたを見ているのです。 やってみましょう さて、では始めます。 いすの前に立つと面接官の一人がいすをすすめてくれるので座ります。受験番号と名前を伝えます。それから自己紹介をはじめいろいろな質問がされるでしょう。 どんな質問がされるでしょうか?                               そしてあなたはどうこたえるのでしょうか? そのやりとりも実際の場面のようにイメージしておきます。                     自分の理想とする面接はどのような感じか、しっかり細部まで考えておきましょう。 声のトーンは?表情は?姿勢は?etc 面接官の中にはいじわるな質問をする人もいるかもしれません。                   ある人はにこやかに、ある人は疑い深い目つきでにらんでいるかもしれません。            しかもあなたが途中で質問の答えに詰まるような場面もあるでしょう。 そんな内心冷や汗をかくような場面にでくわしても、落ち着いてにこやかに話している自分を想定します。そして一緒に面接を受けた人たちと一緒に和やかな雰囲気の中、面接が終わる。そんなイメトレをして何度も緊張体験を味わい慣れておきましょう。 緊張感に慣れる 練習はご自分の部屋でできますが、更に安定したいすの上などに立ってイメージをすると、普段と違う目線という目新しさと高さがあるので“どきどきする”という緊張感を味わいながらイメトレや面接の受け答えの準備ができます。 どきどき感は脳に伝わるとき、緊張感の理由は必要としないらしいのです。言い換えれば、お化けに怖がる“ドキドキ”も、人前で話す“ドキドキ”も脳に入れば全く一緒なので体と脳が“ドキドキ感”に慣れておくために、わざと味わってみることもおすすめです。その際はけがしないよう十分に気をつけてくださいね。 自己分析や企業研究が終わっていましたら、続けてイメージしながら想定問題を1人で練習する”エアー面接”をしてみると更に効果があります。JAL・ANA外資系エアライン3社独学合格経験を持つ元外資系CAの就活合格術