エアラインの面接官が求めているものとは?

始めに以下のJALの採用サイトをご覧下さい。その際、お二人の方共通して受験生にお伝えしている点は何かを考えてみてくださいね。


求める人財像|採用について|JAL採用情報|日本航空株式会社

求める人財像|採用について|JAL採用情報|日本航空株式会社
 




求める人財像|採用について|JAL採用情報|日本航空株式会社

求める人財像|採用について|JAL採用情報|日本航空株式会社
 

 

いかがでしたでしょうか?色々あったと思いますが、中でも最後の締めくくりの言葉でお伝えしていた「素の部分を見せて欲しい」「土台の部分を素直に見たい」「自分の気持ちを伝えて欲しい」この最後の言葉こそ、エアラインが本当に知りたいこと。しかも、何故これらを受験生の方に伝えていると思いますか?

それは、逆の受験生が非常に多いからです。つまり、「素の部分が見えない」「土台がわからない」「自分の気持ちを伝えていない」こういう人が、山ほどいるから!受験生の方にとっては、正当な評価が得られないというデメリットそして、エアラインにとっては、活躍を見込める人財、お宝を見逃してしまう可能性もあるのです。それは双方にとって残念ですよね。

お二方が共通して受験生に伝えていることとして、「素を見たい」ということ。お二方とも最後は、「あなた自身を是非見たい」というニュアンスの言葉で締めくくっています。ここの意味をスルーしてしまうと、正しい就活準備が出来ません。なぜならば、受験生が伝えたい事とエアライン採用側の知りたいことにギャップがあることが多いからです。



受験生が伝えたい事VS面接官が知りたいこと

では、採用側が知りたいことは何だと思いますか?と聞かれたら、普通は「客室乗務員の適性があるかどうか ということを知りたいのでは?」と考えるのではないでしょうか?

だからたいていの場合それを見越して、エアラインのHP、人から聞いたこと、雑誌、インターネットなどの情報から客室乗務員に求められる適性や、人材像は「こうではないかな?」と想像して自分なりの合格人物像を描く。そして、そこに当てはまるように強みやネタを探す。

適性をアピールできそうなネタを探し、自己PRや志望動機を準備。そして、想定質問に対してもCAの適性があることを伝えられそうなものをピックアップして、だいたい答えを準備しておく。これが自己分析であり、面接準備だと思われている方も多いのではないでしょうか?

一見合理的なやり方に見えますが、実は間違ったエアライン就活準備の典型例。このやり方は、軸が自分ではなくエアラインになっています。エアラインが求めそうな自分作り をしてしまっています。ここで、エアライン側とのギャップができてしまうのです。

本当の自分はどっち?

エアラインが求めそうな自分は、果たして本当の自分ですか?自分の考える”エアラインが求めそうな人材像”が間違っていたら?本来の自分の強みとは違うモノをアピールしていたとしたら?伝えていない本来の強みを実はエアラインが求めているとしたら?

このあとはどうなるか想像つきますよね。

採用側が知りたいことは、まず「あなたは誰?」「あなたは何者ですか?」ということ。適性があるかどうかを把握する前にあなた自身について知りたいのです。ですのでエアライン側にしっかり自分を評価してもらうためには、自分を軸にしたアピールでないといけないのです。

自分で受けの良さそうな強みを探してアピールする、いわゆるエアラインを軸にした場合。すべての答えに対して、”受けの良さそうな”という視点から答えを探します。そうすると、素ではなく飾られた人物となりがち。

一方、自分を軸にして、本来の自分の強みをアピールする場合、事実や自分の考える価値観や考えをそのまま伝えるだけ

あなた自身を伝えられて初めて、採用側は正確にその人を判断出来ます。適性があるかどうかについてはその時の採用基準などにもよりますが、エアラインが決めること。エアライン採用側に正当な評価をしてもらえることは、両者ともにWIN WINの関係に繋がるのです。

自分は「何者か?」

採用側は、毎年毎年何万人のエントリーシートから何千人の受験生の面接までをこなしています。飾られた人か、素の人かは一目瞭然。いくら求める人財像っぽい人を演出しても、お見通し。適性や潜在能力があれば自分の素をアピールしても、エアラインが求める人財像にマッチするはず。

エアライン業界は、競争の激しい世界。働く環境も決して楽ではありません。ミスマッチを防ぐためにも、本来の自分自身をしっかりと理解することから始めることはとても意義があります。

それでも、自分に適性がないとわかったら怖いですよね。安心してください。ほとんどの方は何らかの適性を持っていらっしゃいます。それが、採用基準内に入れるか枠外なのかの違いだけ。弱いと思ったらそこが課題になります。その課題をクリアすればいいのです。自分を把握、そこから課題を見つけ克服、そして受験にチャレンジ。

面接の質問は、ほぼすべてあなたについての質問です。それに答えられないのはあなた自身が自分のことをわかっていない証拠。自分を軸とした自己理解がないから起こるのです。

そうならないためにも、エアラインを軸にした自分像ではなく、自分を軸にしたものにすることが大切。現在、過去、未来すべてを深掘りし、自分の本質を理解する。この作業が自己分析です。そして、その中から最適なものを選んでエアラインに伝えることをすると無理なく、そして自分自身をしっかり伝える事が出来ます。

 

 

スポンサーリンク
エアライン就活で面接官が本当に知りたいことhttp://ca-lab.link/wp-content/uploads/2017/07/syukatsu_mensetsu.pnghttp://ca-lab.link/wp-content/uploads/2017/07/syukatsu_mensetsu-150x150.pngca-labエアライン就活準備編自己分析エアラインの面接官が求めているものとは? 始めに以下のJALの採用サイトをご覧下さい。その際、お二人の方共通して受験生にお伝えしている点は何かを考えてみてくださいね。 求める人財像|採用について|JAL採用情報|日本航空株式会社  求める人財像|採用について|JAL採用情報|日本航空株式会社    いかがでしたでしょうか?色々あったと思いますが、中でも最後の締めくくりの言葉でお伝えしていた「素の部分を見せて欲しい」「土台の部分を素直に見たい」「自分の気持ちを伝えて欲しい」この最後の言葉こそ、エアラインが本当に知りたいこと。しかも、何故これらを受験生の方に伝えていると思いますか? それは、逆の受験生が非常に多いからです。つまり、「素の部分が見えない」「土台がわからない」「自分の気持ちを伝えていない」こういう人が、山ほどいるから!受験生の方にとっては、正当な評価が得られないというデメリットそして、エアラインにとっては、活躍を見込める人財、お宝を見逃してしまう可能性もあるのです。それは双方にとって残念ですよね。 お二方が共通して受験生に伝えていることとして、「素を見たい」ということ。お二方とも最後は、「あなた自身を是非見たい」というニュアンスの言葉で締めくくっています。ここの意味をスルーしてしまうと、正しい就活準備が出来ません。なぜならば、受験生が伝えたい事とエアライン採用側の知りたいことにギャップがあることが多いからです。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 受験生が伝えたい事VS面接官が知りたいこと では、採用側が知りたいことは何だと思いますか?と聞かれたら、普通は「客室乗務員の適性があるかどうか ということを知りたいのでは?」と考えるのではないでしょうか? だからたいていの場合それを見越して、エアラインのHP、人から聞いたこと、雑誌、インターネットなどの情報から客室乗務員に求められる適性や、人材像は「こうではないかな?」と想像して自分なりの合格人物像を描く。そして、そこに当てはまるように強みやネタを探す。 適性をアピールできそうなネタを探し、自己PRや志望動機を準備。そして、想定質問に対してもCAの適性があることを伝えられそうなものをピックアップして、だいたい答えを準備しておく。これが自己分析であり、面接準備だと思われている方も多いのではないでしょうか? 一見合理的なやり方に見えますが、実は間違ったエアライン就活準備の典型例。このやり方は、軸が自分ではなくエアラインになっています。エアラインが求めそうな自分作り をしてしまっています。ここで、エアライン側とのギャップができてしまうのです。 本当の自分はどっち? エアラインが求めそうな自分は、果たして本当の自分ですか?自分の考える”エアラインが求めそうな人材像”が間違っていたら?本来の自分の強みとは違うモノをアピールしていたとしたら?伝えていない本来の強みを実はエアラインが求めているとしたら? このあとはどうなるか想像つきますよね。 採用側が知りたいことは、まず「あなたは誰?」「あなたは何者ですか?」ということ。適性があるかどうかを把握する前にあなた自身について知りたいのです。ですのでエアライン側にしっかり自分を評価してもらうためには、自分を軸にしたアピールでないといけないのです。 自分で受けの良さそうな強みを探してアピールする、いわゆるエアラインを軸にした場合。すべての答えに対して、”受けの良さそうな”という視点から答えを探します。そうすると、素ではなく飾られた人物となりがち。 一方、自分を軸にして、本来の自分の強みをアピールする場合、事実や自分の考える価値観や考えをそのまま伝えるだけ。 あなた自身を伝えられて初めて、採用側は正確にその人を判断出来ます。適性があるかどうかについてはその時の採用基準などにもよりますが、エアラインが決めること。エアライン採用側に正当な評価をしてもらえることは、両者ともにWIN WINの関係に繋がるのです。 自分は「何者か?」 採用側は、毎年毎年何万人のエントリーシートから何千人の受験生の面接までをこなしています。飾られた人か、素の人かは一目瞭然。いくら求める人財像っぽい人を演出しても、お見通し。適性や潜在能力があれば自分の素をアピールしても、エアラインが求める人財像にマッチするはず。 エアライン業界は、競争の激しい世界。働く環境も決して楽ではありません。ミスマッチを防ぐためにも、本来の自分自身をしっかりと理解することから始めることはとても意義があります。 それでも、自分に適性がないとわかったら怖いですよね。安心してください。ほとんどの方は何らかの適性を持っていらっしゃいます。それが、採用基準内に入れるか枠外なのかの違いだけ。弱いと思ったらそこが課題になります。その課題をクリアすればいいのです。自分を把握、そこから課題を見つけ克服、そして受験にチャレンジ。 面接の質問は、ほぼすべてあなたについての質問です。それに答えられないのはあなた自身が自分のことをわかっていない証拠。自分を軸とした自己理解がないから起こるのです。 そうならないためにも、エアラインを軸にした自分像ではなく、自分を軸にしたものにすることが大切。現在、過去、未来すべてを深掘りし、自分の本質を理解する。この作業が自己分析です。そして、その中から最適なものを選んでエアラインに伝えることをすると無理なく、そして自分自身をしっかり伝える事が出来ます。    JAL・ANA外資系エアライン3社独学合格経験を持つ元外資系CAの就活合格術