シンガポール航空の特徴

①最高レベルの安全性の追求:

エアラインは、どの企業もまず安全性を第一に重要視します。その中でもシンガポール航空は、常に最新鋭の機材導入など非常に高い意識を持って常に安全性と安心感を提供しています。例えば、HPによると現在108機の飛行機の平均保有年数が平均7年8ヶ月と、エアライン業界の中でももっとも新しい最新鋭の機材を使用しています。

また、航空会社の安全性とプロダクトを評価するサイトAirlineRating.comが発表した2017年最も安全な航空会社TOP20に選ばれました。シンガポール航空は、最新型最新鋭の飛行機で高い安全性と最新技術による機内の快適さをお客様に提供しています。



②利便性の高いネットワーク:

シンガポールはタイ,インドネシア,シンガポール,フィリピン,マレーシアなどASEAN諸国の中心に位置しています。その地の利を生かしてシンガポール航空のハブ空港チャンギ国際空港をベースにして35カ国63都市(2015年5月現在)に就航。日本には1968年に初めて就航し現在は羽田、成田、関空、名古屋、福岡の各空港へ毎日運行。

2016年にシンガポールーサンフランシスコ直行便を開設。フライト時間は14時間35分~17時間45分(往きor帰りのフライト、季節などでフライト時間が変わります。)。これはシンガポール航空の最も長いフライトです。2018年にはストップしていたニューヨークやロスアンジェルスへの直行便を再開させる予定だそうです。

③一貫した気配りのあるサービス:

「最新鋭の翼とやさしいおもてなし」という基本理念を基に客室乗務員「シンガポールガール」に代表される気配りのある高品質なサービスに定評があります。World’s Best Cabin Crew Service’ by the Business Traveller Asia-Pacific Awards を 17 年連続で受賞していたり、最近ではイギリスに拠点を置く航空サービスリサーチ会社Skytrax(スカイトラックス社)によるエアラインの格付けで、The World’s 5-Star Airlines(5つ星)最高評価の認定を得ています。

1999年から始まったたTCS(Transforming Customer Service)と呼ばれるプログラムでは、すべての社員にサービスの姿勢などシンガポール航空のスピリットをたたき込まれるそうです。こうして、客室乗務員だけでなく他部署の社員達も客室乗務員と同じ気配りのサービススピリットを身につけてサービスレベルの一貫性を保ちます。そして客室乗務員の入社してすぐに行われるイニシャルトレーニングは約4ヶ月15週間。徹底的に訓練が行われます。

シンガポール航空の求める客室乗務員像

HPによれば以下三つを兼ね備えている人を求めている事がわかります。

・customer-orientated←サービス業にふさわしい人柄

・displays initiative←主体的に動ける人

・ a team player ←チームプレヤー

中華系、マレー系、インド系その他にも多くの外国人労働者を受け入れている多民族国家なシンガポール。シンガポール航空を利用するお客様も様々な国の方が多いことからも、多種多様な文化への対応力や柔軟性なども必要です。

シンガポールガール

シンガポール航空の客室乗務員は「シンガポールガール」と呼ばれ、ブランドイメージとして位置づけています。客室乗務員は、サービスの質やブランドをお客様に伝える重要な役割を担っていますので、内面も外面もこのシンガポール航空のブランドイメージにふさわしい人が求められるのです。

スポンサーリンク
Across the World With the Singapore Girl | Singapore Airlines
Experience the romance of travel with the Singapore Girl in her latest journey around the world, from Singapore to France, India, China and the USA. Watch the making of the Singapore Airlines campaign by clicking on the videos below. Full Behind The Scenes:

Across the World With the Singapore Girl | Singapore Airlines

「シンガポールガール」としてエアラインの広告塔を担ってきたシンガポール航空の客室乗務員は、「アジアの価値とおもてなし」を生むと言われ、「人を思いやり、温かく親切、上品で穏やか」であると評されています。

このイメージは、アピアランス(外見)の自己プロデュースに役立ちます。これらのイメージと自分の共通点を探して試験の際、面接官にアピールしたいイメージ作りに役立てるといいでしょう。

採用試験での注意事項

 

ビデオインタビューについて 


シンガポール航空の客室乗務員採用試験では、書類選考のあとビデオインタビューが採用されています。以下の動画はビデオインタビューについて説明しています。参考にしてください。

HireVue – How it Works
HireVue is an awesome new way to interview – on demand. Just play, rate and share.

HireVue - How it Works

シンガポール航空のビデオインタビューで過去に聞かれた質問です。
1. Describe yourself in three words.
2. What do you do in your free time?
3. which could be closer to your personality, a wolf or sheep?
ビデオインタビューは、事前の準備が大変重要になってきます。しっかりと自己分析をして自己PRや志望動機を英語で伝えられるようにしておきましょう。さらにシンガポール航空は企業研究も必須。HPなどから情報を探して対策をしておくことも大事です。

採用されますと、シンガポールに住むことになりますのでシンガポールの国について、また文化や歴史などのチェックも忘れずに!

 

ビデオインタビューをパスすると対面での面接が行われます。一日で最終面接まで行うので、少々長丁場ですが最後まで残った受験生は気を抜かないよう試験に集中することをこころがけましょう。

スポンサーリンク
シンガポール航空の求める客室乗務員像http://ca-lab.link/wp-content/uploads/2017/06/airplane-744871_640-580x396.jpghttp://ca-lab.link/wp-content/uploads/2017/06/airplane-744871_640-150x150.jpgca-labエアライン企業研究シンガポール航空の特徴 ①最高レベルの安全性の追求: エアラインは、どの企業もまず安全性を第一に重要視します。その中でもシンガポール航空は、常に最新鋭の機材導入など非常に高い意識を持って常に安全性と安心感を提供しています。例えば、HPによると現在108機の飛行機の平均保有年数が平均7年8ヶ月と、エアライン業界の中でももっとも新しい最新鋭の機材を使用しています。 また、航空会社の安全性とプロダクトを評価するサイトAirlineRating.comが発表した2017年最も安全な航空会社TOP20に選ばれました。シンガポール航空は、最新型最新鋭の飛行機で高い安全性と最新技術による機内の快適さをお客様に提供しています。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ②利便性の高いネットワーク: シンガポールはタイ,インドネシア,シンガポール,フィリピン,マレーシアなどASEAN諸国の中心に位置しています。その地の利を生かしてシンガポール航空のハブ空港チャンギ国際空港をベースにして35カ国63都市(2015年5月現在)に就航。日本には1968年に初めて就航し現在は羽田、成田、関空、名古屋、福岡の各空港へ毎日運行。 2016年にシンガポールーサンフランシスコ直行便を開設。フライト時間は14時間35分~17時間45分(往きor帰りのフライト、季節などでフライト時間が変わります。)。これはシンガポール航空の最も長いフライトです。2018年にはストップしていたニューヨークやロスアンジェルスへの直行便を再開させる予定だそうです。 ③一貫した気配りのあるサービス: 「最新鋭の翼とやさしいおもてなし」という基本理念を基に客室乗務員「シンガポールガール」に代表される気配りのある高品質なサービスに定評があります。World's Best Cabin Crew Service' by the Business Traveller Asia-Pacific Awards を 17 年連続で受賞していたり、最近ではイギリスに拠点を置く航空サービスリサーチ会社Skytrax(スカイトラックス社)によるエアラインの格付けで、The World's 5-Star Airlines(5つ星)最高評価の認定を得ています。 1999年から始まったたTCS(Transforming Customer Service)と呼ばれるプログラムでは、すべての社員にサービスの姿勢などシンガポール航空のスピリットをたたき込まれるそうです。こうして、客室乗務員だけでなく他部署の社員達も客室乗務員と同じ気配りのサービススピリットを身につけてサービスレベルの一貫性を保ちます。そして客室乗務員の入社してすぐに行われるイニシャルトレーニングは約4ヶ月15週間。徹底的に訓練が行われます。 シンガポール航空の求める客室乗務員像 HPによれば以下三つを兼ね備えている人を求めている事がわかります。 ・customer-orientated←サービス業にふさわしい人柄 ・displays initiative←主体的に動ける人 ・ a team player ←チームプレヤー 中華系、マレー系、インド系その他にも多くの外国人労働者を受け入れている多民族国家なシンガポール。シンガポール航空を利用するお客様も様々な国の方が多いことからも、多種多様な文化への対応力や柔軟性なども必要です。 シンガポールガール シンガポール航空の客室乗務員は「シンガポールガール」と呼ばれ、ブランドイメージとして位置づけています。客室乗務員は、サービスの質やブランドをお客様に伝える重要な役割を担っていますので、内面も外面もこのシンガポール航空のブランドイメージにふさわしい人が求められるのです。 「シンガポールガール」としてエアラインの広告塔を担ってきたシンガポール航空の客室乗務員は、「アジアの価値とおもてなし」を生むと言われ、「人を思いやり、温かく親切、上品で穏やか」であると評されています。 このイメージは、アピアランス(外見)の自己プロデュースに役立ちます。これらのイメージと自分の共通点を探して試験の際、面接官にアピールしたいイメージ作りに役立てるといいでしょう。 採用試験での注意事項   ビデオインタビューについて  シンガポール航空の客室乗務員採用試験では、書類選考のあとビデオインタビューが採用されています。以下の動画はビデオインタビューについて説明しています。参考にしてください。 シンガポール航空のビデオインタビューで過去に聞かれた質問です。 1. Describe yourself in three words. 2. What do you do in your free time? 3. which could be closer to your personality, a wolf or...JAL・ANA外資系エアライン3社独学合格経験を持つ元外資系CAの就活合格術