エアラインに選ばれる人とは?

航空会社の客室乗務員には、いったいどういう人が選ばれると思いますか?

有名大学卒業の人でしょうか? エアラインスクールに行った人でしょうか? Miss○○などのタイト ルを持った人でしょうか?  英語がネイティブレベルの人でしょうか?

答えはすべてNOです。 これらはアピールポイントにはなるかもしれませんが、必ず合格するわけでは ありません。その答えは例外者になることです。

就活カリスマ講師渋谷文武さんは、難関企業に内定するためには「、例外者になれ人と違った 行動をとれ」と言っています。倍率が高くなればなるほど努力するのではなく  同じことをやるにしても違うやり方、人と違うことが必要になってくるからです。CA に合格した人、つまり例外の人たちはいったいどのような人たちでしょうか?図で見てみましょう。

一番下の「受験生予備軍」は、何から手をつけたらよいかわからないもしくは、興味はあるものの自信が なかったりしてまだ準備に取りかかれない人達のグループ。

真ん中の「一般的な受験生」は、普通に就活している人たちです。雑誌や本、航空会社のHP、企業のイベ ントなどで情報を入手し就活をすすめていく普通の人々。一番上はCA合格した人=例外者、つまり他の人と違うやり方をした人。

エアラインに合格するためのやり方を知って実行した人。つまり高い就活スキルと合格センスを持ち、 高倍率の中でも受かり方を知っている人たち。真ん中か下にいる人たちは残念なことになかなか結果がでません。

エアラインスクールは合格に有利か?

では、エアラインスクールに通っている場合はどこに入るの?と思われたと思います。中には、合格する力を付けるためにエアラインスクールに通う人もいるでしょう。でも、エアラインスクールに通っているほとんどの人はこの図の中では真ん中の一般受験者に入ってしまいます。 何故でしょう?

スクールの中には推薦制度などがあって書類審査など優遇されるところもあるようですが、だからといってみんな合格しているわけではないのです。決して、エアラインスクールを批判しているわけではありません。三角の一番上に行くために、スクールを最大限に利用して合格している人たちもたくさんいます。

なので、スクールに行く人も行かない人も、有名大学に行っている人も行かない人もみんな、倍率が上 がれば上がるほど三角形の上に行かなくてはいけません。逆に三角の一番上の合格者になると、つまり一度高倍率難関エアラインに合格する方法を知って実行すると2社3社合格も可能になるのです

全ての業界に共通する就活ノウハウ

実はこの合格ノウハウは、エアラインだけに通用するのではありません。全業界全業種に対応出来ます。このやり方を身につけて実行すると、客室乗務員だけでなくグランドスタッフそして違う業種の企業などでも内定がとりやすくなります。

例えば、徹底的な差別化で就活スキルを上げ実践したAさん。客室乗務員になりたいもののまわりと同じようなことをしている就活生のBさん。がいたとします。Aさんは、合格ノウハウを受験したエアライン全てで実行すると最終選考まで残る可能性が高まって2社3社エアラインの客室乗務員に合格したりします。さらに全業種全職種対応なのでグランドスタッフはもちろん全く関係ない業界でも同じような結果を出すことができます。けれども、その方法を知らないBさんは何社受けても残念な結果に終わってしまう可能性があります。

ここではあなたにいかにエアライン就活が難関な採用試験かということを理解してもらうのではなく、エアラインに合格するために本当に必要な事を身につけず、まわりがやっているからなどの理由で他の人と同じ事をすると言うことは残念ながら結果を出すのが難しいということを頭に入れていただきたくて例を挙げました。

合格に近づくために

せっかく一生懸命取り組むのですから、結果を出したいですよね。そのためには、人と同じ事をしていては決して三角の上には行けないということを肝に銘じ、あなた自身の個性をしっかりと伝えられるような行動を取っていきましょう。

 

スポンサーリンク
エアラインに合格する人はどんな人?http://ca-lab.link/wp-content/uploads/2017/01/sankaku-580x338.pnghttp://ca-lab.link/wp-content/uploads/2017/01/sankaku-150x150.pngca-labエアライン受験心得&マインドセットエアライン就活準備編エアラインに選ばれる人とは? 航空会社の客室乗務員には、いったいどういう人が選ばれると思いますか? 有名大学卒業の人でしょうか? エアラインスクールに行った人でしょうか? Miss○○などのタイト ルを持った人でしょうか?  英語がネイティブレベルの人でしょうか? 答えはすべてNOです。 これらはアピールポイントにはなるかもしれませんが、必ず合格するわけでは ありません。その答えは例外者になることです。 就活カリスマ講師渋谷文武さんは、難関企業に内定するためには「、例外者になれ人と違った 行動をとれ」と言っています。倍率が高くなればなるほど努力するのではなく  同じことをやるにしても違うやり方、人と違うことが必要になってくるからです。CA に合格した人、つまり例外の人たちはいったいどのような人たちでしょうか?図で見てみましょう。 一番下の「受験生予備軍」は、何から手をつけたらよいかわからないもしくは、興味はあるものの自信が なかったりしてまだ準備に取りかかれない人達のグループ。 真ん中の「一般的な受験生」は、普通に就活している人たちです。雑誌や本、航空会社のHP、企業のイベ ントなどで情報を入手し就活をすすめていく普通の人々。一番上はCA合格した人=例外者、つまり他の人と違うやり方をした人。 エアラインに合格するためのやり方を知って実行した人。つまり高い就活スキルと合格センスを持ち、 高倍率の中でも受かり方を知っている人たち。真ん中か下にいる人たちは残念なことになかなか結果がでません。 エアラインスクールは合格に有利か? では、エアラインスクールに通っている場合はどこに入るの?と思われたと思います。中には、合格する力を付けるためにエアラインスクールに通う人もいるでしょう。でも、エアラインスクールに通っているほとんどの人はこの図の中では真ん中の一般受験者に入ってしまいます。 何故でしょう? スクールの中には推薦制度などがあって書類審査など優遇されるところもあるようですが、だからといってみんな合格しているわけではないのです。決して、エアラインスクールを批判しているわけではありません。三角の一番上に行くために、スクールを最大限に利用して合格している人たちもたくさんいます。 なので、スクールに行く人も行かない人も、有名大学に行っている人も行かない人もみんな、倍率が上 がれば上がるほど三角形の上に行かなくてはいけません。逆に三角の一番上の合格者になると、つまり一度高倍率難関エアラインに合格する方法を知って実行すると2社3社合格も可能になるのです。 全ての業界に共通する就活ノウハウ 実はこの合格ノウハウは、エアラインだけに通用するのではありません。全業界全業種に対応出来ます。このやり方を身につけて実行すると、客室乗務員だけでなくグランドスタッフそして違う業種の企業などでも内定がとりやすくなります。 例えば、徹底的な差別化で就活スキルを上げ実践したAさん。客室乗務員になりたいもののまわりと同じようなことをしている就活生のBさん。がいたとします。Aさんは、合格ノウハウを受験したエアライン全てで実行すると最終選考まで残る可能性が高まって2社3社エアラインの客室乗務員に合格したりします。さらに全業種全職種対応なのでグランドスタッフはもちろん全く関係ない業界でも同じような結果を出すことができます。けれども、その方法を知らないBさんは何社受けても残念な結果に終わってしまう可能性があります。 ここではあなたにいかにエアライン就活が難関な採用試験かということを理解してもらうのではなく、エアラインに合格するために本当に必要な事を身につけず、まわりがやっているからなどの理由で他の人と同じ事をすると言うことは残念ながら結果を出すのが難しいということを頭に入れていただきたくて例を挙げました。 合格に近づくために せっかく一生懸命取り組むのですから、結果を出したいですよね。そのためには、人と同じ事をしていては決して三角の上には行けないということを肝に銘じ、あなた自身の個性をしっかりと伝えられるような行動を取っていきましょう。  JAL・ANA外資系エアライン3社独学合格経験を持つ元外資系CAの就活合格術