次世代の客室乗務員に求められる第三の資質

客室乗務員の役割と聞くと 保安要員 サービス要員の2点がすぐ浮かびます。 けれども、実はもうひとつ大事な役割があるのをご存じでしたか?

それは、マーケティング要員 。ANAウィングスやANAのホームページには、 客室乗務員の役割としてこのマーケティング要員が書かれています。 マーケティングは、カバーする範囲がものすごく広いのですがシンプルに説明すると ”売れる仕組み作り”のことです。

エアラインの”顔”

エアラインでは、いかに多くの座席を売ることができるかが、とても重要。 そのために、様々なマーケティング活動によって企業は売り上げを上げようとします。 客室乗務員のマーケティング活動の要は、エアライン各社共通。

私は外資系3社に在籍しましたが、どこも同じ事を言われました。 客室乗務員やグランドスタッフは”エアラインの顔”としての使命があります。 各エアラインのブランドをお客様に伝えるための、最前線の要員なのです。

特に、シンガポール航空はシンガポールガールと唱って、客室乗務員=ブランド伝道者としてアピールしています。ですので採用の際、視覚的な要素も非常に重要視されます。アジア系のエアラインは特にその傾向が強いです。

お客様のニーズを広う力

客室乗務員はフライトの中でニーズを迅速、的確に拾ってお客様の満足を追求しています。そして更にお客様の満足度を高めようと、どこのエアラインも必死です。特にお客様からの意見は重要ですが、その他にもグランドスタッフや客室乗務員がお客様と直接接することで新たなニーズをつかんだり、隠された潜在的なニーズを把握することは、新たなサービスや商品に繋げる大きなチャンスになります。

ですので、貴重な情報に気づける「感知力」そしてお客様の期待を超えるサービスや、新たなサービスへと繋げるアイデアを出すための「発想力」、提案企画してお客様に提供する「行動力」なども、特に日系エアラインの客室乗務員の資質として今後ますます重要視されてくると思います。

以下の記事はANA:HP新卒採用情報のページから引用させていただいています。

 

 

 

 

 

 

マーケティングの力を養う

世界の経済や社会情勢に影響を受けやすい環境の中、LCCの登場でエアライン業界はその競争に勝ち抜こうとどこも一生懸命です。今後はどこの日系エアラインもANAのように客室乗務員に対して、ますますマーケティング要員としての役割を求めてくるでしょう。

お客様のニーズを拾うためにそして新たなサービスやお客様の満足に繋げるためには、好奇心旺盛で様々な角度から物事を見たり考えたりする力や、クリエイティブな考えができることが必要です。そのために、幅広い知識や経験がとても役立ちます。

客室乗務員になるために接客経験や、接客スキルを磨く事は大切と思われがちです。けれども、今後特に学生の方は自分の好奇心をとことん追求し、学生時代にしかできないことを思う存分経験して第三の資質を養うことをおすすめします。

既卒の方も、現在の仕事が全く客室乗務員の仕事とは関係なくて心配という方もいらっしゃるかもしれません。でも、逆を言ったらそういう経験を持っていない客室乗務員が多い中で、違う視点から物事を見てお客様が満足するサービスに繋げることができるという可能性もあるのです。

接客スキルは質の高いトレーニングで身につけることができますが、第三の役割を担うために必要な”感知力”や”発想力”などは、エアライン入社後の訓練ではなかなか身につけられません。

ですのでこれからは、新卒受験の方も既卒受験の方も”オンリーワンの個性”を磨きあげていきましょう!

 

客室乗務員の第3の役割マーケティング要員とはhttps://ca-lab.link/wp-content/uploads/2017/08/Que-es-Estrategia-Contenidos-Redes-Sociales-.pnghttps://ca-lab.link/wp-content/uploads/2017/08/Que-es-Estrategia-Contenidos-Redes-Sociales--150x150.pngca-labエアライン受験心得&マインドセット(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 次世代の客室乗務員に求められる第三の資質 客室乗務員の役割と聞くと 保安要員 サービス要員の2点がすぐ浮かびます。 けれども、実はもうひとつ大事な役割があるのをご存じでしたか? それは、マーケティング要員 。ANAウィングスやANAのホームページには、 客室乗務員の役割としてこのマーケティング要員が書かれています。 マーケティングは、カバーする範囲がものすごく広いのですがシンプルに説明すると ”売れる仕組み作り”のことです。 エアラインの”顔” エアラインでは、いかに多くの座席を売ることができるかが、とても重要。 そのために、様々なマーケティング活動によって企業は売り上げを上げようとします。 客室乗務員のマーケティング活動の要は、エアライン各社共通。 私は外資系3社に在籍しましたが、どこも同じ事を言われました。 客室乗務員やグランドスタッフは”エアラインの顔”としての使命があります。 各エアラインのブランドをお客様に伝えるための、最前線の要員なのです。 特に、シンガポール航空はシンガポールガールと唱って、客室乗務員=ブランド伝道者としてアピールしています。ですので採用の際、視覚的な要素も非常に重要視されます。アジア系のエアラインは特にその傾向が強いです。 お客様のニーズを広う力 客室乗務員はフライトの中でニーズを迅速、的確に拾ってお客様の満足を追求しています。そして更にお客様の満足度を高めようと、どこのエアラインも必死です。特にお客様からの意見は重要ですが、その他にもグランドスタッフや客室乗務員がお客様と直接接することで新たなニーズをつかんだり、隠された潜在的なニーズを把握することは、新たなサービスや商品に繋げる大きなチャンスになります。 ですので、貴重な情報に気づける「感知力」そしてお客様の期待を超えるサービスや、新たなサービスへと繋げるアイデアを出すための「発想力」、提案企画してお客様に提供する「行動力」なども、特に日系エアラインの客室乗務員の資質として今後ますます重要視されてくると思います。 以下の記事はANA:HP新卒採用情報のページから引用させていただいています。             マーケティングの力を養う 世界の経済や社会情勢に影響を受けやすい環境の中、LCCの登場でエアライン業界はその競争に勝ち抜こうとどこも一生懸命です。今後はどこの日系エアラインもANAのように客室乗務員に対して、ますますマーケティング要員としての役割を求めてくるでしょう。 お客様のニーズを拾うためにそして新たなサービスやお客様の満足に繋げるためには、好奇心旺盛で様々な角度から物事を見たり考えたりする力や、クリエイティブな考えができることが必要です。そのために、幅広い知識や経験がとても役立ちます。 客室乗務員になるために接客経験や、接客スキルを磨く事は大切と思われがちです。けれども、今後特に学生の方は自分の好奇心をとことん追求し、学生時代にしかできないことを思う存分経験して第三の資質を養うことをおすすめします。 既卒の方も、現在の仕事が全く客室乗務員の仕事とは関係なくて心配という方もいらっしゃるかもしれません。でも、逆を言ったらそういう経験を持っていない客室乗務員が多い中で、違う視点から物事を見てお客様が満足するサービスに繋げることができるという可能性もあるのです。 接客スキルは質の高いトレーニングで身につけることができますが、第三の役割を担うために必要な”感知力”や”発想力”などは、エアライン入社後の訓練ではなかなか身につけられません。 ですのでこれからは、新卒受験の方も既卒受験の方も”オンリーワンの個性”を磨きあげていきましょう!  JAL・ANA・KL・UA・BA独学合格経験を持つ元外資系CAの就活合格術