ピーチアビエーションの求める客室乗務員像

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ANAの子会社となるピーチ

訪日客の急増で今後も成長が見込めるLCC。ANAの片野坂真哉社長は「ピーチの企業価値を取り込みたい」とピーチアビエーションがANAの子会社化することが決まりましたね。

これまでもエントリーシートや採用試験の様子も従来の試験とは違い、既存のエアラインの価値観にとらわれない独自な路線を貫いているピーチアビエーション。

<ピーチフィロソフィー>

ヒト・モノ・コトの交流を深めるアジアのかけ橋となり、人間愛を育むエアラインとなる。

<ピーチスピリット>

・安全第一

・理解と尊重

・1円に拘りながら創意工夫

・働くことを楽しもう

・上を目指していこう

フィロソフィーやピーチスピリットに共感し、同じ志を持ちながら行動できる人材が大前提。そして、更にこれがないとピーチには合格出来ないというものがあります!

ピーチ合格に欠かせないもの

30代サービス業未経験2ヶ月でピーチの客室乗務員に合格したCAラボ受講生も、思いっきりこれを発揮しました。何だと思いますか?

ピーチの社長井上真一さんは、ピーチという会社をまとめあげるために、何が重要だったかというインタビューに対して価値観の共有と答えていらっしゃいます。

何の為にピーチに集まっているのかを理解した人達を集めるために、経営理念、ビジョン、ミッションこれに賛成する人を集まって下さいというメッセージを伝えていたそうです。

ですので、この経営理念、ビジョン、ミッションは必ず頭に入れておきましょう。

そして、同じ志を持ち、同じ目標に向かって行ける人。そして、他社がやっていることはやめて、新しいことをやろうという意気込みのある人。パッションのない人は採っていないと社長が断言していらっしゃるほどです。

エアライン共通の求める人材像

井上社長が入社式で伝えていることとして、以下のように述べられています。

「ピーチのためではなく、自分のバリューを最大限上げて欲しい、ということ。それが会社のためになる。社員自身が、ピーチにいて良かったと思って欲しい。」

このことはピーチだけでなく、他のエアラインの求める人材像でもありますが、ピーチでは特に、自分らしさを生かしてお客様にピーチというブランドを伝えらる人。そして新しい世界を情熱を持って作っていける人が、まさに求められていると考えます。

客室乗務員をマーケッターとして位置づけているピーチ、既存のエアラインやLCC業界の中でも差別化を常に図ってきました。エアライン業界の求める人物像の最先端を行っている気がします。まさにピーチの求める人材像こそが次世代の客室乗務員像だと私は思います。

最後になりましたがピーチの採用試験は、エントリーシートから面接までかなりユニーク。切り返し力や発想力などの力が必要不可欠です。これがないと合格するにはなかなか難しいのでは?と思うほど。

この発想力を使うのってコツを覚えると、結構楽しいですよ。

私もピーチアビエーション合格Storyに出てくるAちゃんと二人で、色々発想力やアイデアを出し合いながら準備していきました。たった2ヶ月で合格の報告を聞いたときは、本当に嬉しかったです。

受験を考えていらっしゃる方は、是非脳を柔軟にして臨んでくださいね。

ピーチとバニラエアが統合

2018年3月に、ピーチとバニラエアが2019年度末を目処にピーチを基盤として統合することが決まりました。

2020年を目処に中距離LCC領域へと滲出し国内線、国際線併せて50路線以上の規模でアジアのリーディングLCCを目指すそうです。

PeachとVanilla Airの統合について|プレスリリース|ANAグループ企業情報PeachとVanilla Airの統合について|プレスリリース|ANAグループ企業情報 

それまで他社だった会社が統合となるとそれだけでも大きな変化ですが、LCCとして近距離だけでなく、中距離まで飛ぶようになり50路線以上の規模になると人員補充の必要もありますし、客室乗務員のフライトパターンなどもバラエティの富んだものになりそうですね。

ピーチを基盤とするとのこと。両者のブランドを残すのか統合するのか気になるところです。ますます発展していく可能性のある両社の今後、どうなるのか楽しみです。

スポンサーリンク