スイス航空の求める客室乗務員像

スイス航空について

正式名称は、スイスインターナショナルエアラインズ。

Wikipediaによると
”スイスの航空会社。通称”SWISS”。 旧スイス航空グループ のクロスエア が、破綻したスイス航空を継承し発足した航空会社で、現在はルフトハンザドイツ航空の子会社である。”

SWISSは、破綻以前から働きやすい環境と質の高いサービスで客室乗務員を目指す人の中でも人気のあるエアライン。 しかも、外地ベースが多い中での東京ベースは貴重です。

スイス航空の求める客室乗務員像

募集要項から、SWISSの求める人財像を探ってみましょう。

Requirements

Japanese nationality(日本国籍)

Age between 20 and 25 years(20歳~25歳)

Minimum height: 158 cm(身長158㎝以上)

Normal weight(標準体重)

Mother tongue Japanese; very good English skills(日本語が母語、英語堪能)

German and French are an advantage(ドイツ語・フランス語できれば有利)

College or university degree (preferred)(短大・もしくは四大卒が望ましい)

Excellent health and good eyesight ability(健康状態良好・視力良好)

Good swimming skills(泳げること)

No visible tattoos(目に見える範囲のタトゥがない)

Willingness to serve customers(サービス精神)

Charming, friendly, team-orientated personality(魅力的で、親しみやすく、チーム志向のある方)

Well-groomed appearance and impeccable manners(きちんとした身だしなみと完璧なマナー) 

Flexibility (e.g. irregular working schedule)(不規則なスケジュールにも対応できる柔軟性) 

Ability to work under pressure(プレッシャー時業務遂行能力のある方)

特徴的なポイントとしては、

泳げること、
年齢20~25歳まで、

学歴がpreferred(望ましい)ということ。これは必ずしもそうでなくてもということなので、専門学校の学生の方も興味があったら是非受験を検討されるといいと思います。

あとは、フランス語やドイツ語ができれば有利というところ位でしょうか。

外資系エアラインでは、緊急時の対応ができるよう客室乗務員に泳げることを条件にしているエアラインは多いです。(*フィンエアも50㍍泳げることを応募条件に掲げています。)

実際、”ditching training”と言って飛行機が海などに不時着水したときを想定した訓練の一環で、プールでトレーニングを行うエアラインもあります。

着衣のまま”life vest”(救命胴衣)を膨らませて水に飛び込んだりしましたが、水着でなく普通の洋服のまま水に入って泳ぐのはこれまた意外と大変!

経験してみないとわからないものですねぇ。

年齢は多少オーバーしてもダメ元でアプライしてみるといいと思います。何が起こるかわからないですからね。あまり、悩まず”通ったらラッキー”という感覚でいることも大事です。

また、フランス語やドイツ語ができないからといって諦めないでくださいね。
それよりも、他の要素もバランス良く持っているということの方が大事。

採用スケジュールもいたってシンプルですので、エアライン受験の実践としてもとてもいい機会です。是非、応募要項に当てはまる方はチャレンジされることをオススメします!

外資系エアラインの英語面接準備には「外資系エアライン面接質問集400」

スポンサーリンク