エアラインスクールに通うべきか

キャビンアテンダントになろう!と決めた後に、エアラインスクールに通うか迷われる方は多いと思います。私も新卒時に思いっきり悩みました。

エアライン5社独学受験合格Story

エアラインスクールに行けば、効率的に合格のノウハウを身につけさせてくれるのではないか?と考えていたからです。でももし、私が当時スクールに通っていたらエアライン合格はできなかったと思います。 何故なら、そこには自分の意志や目的意識というものがなく、行けば何とかなるのではないか?という甘えた考えで事に対処しようとしたからです。



エアラインスクールに行っても、受からない理由

私と同じように、とりあえずスクールに行けば合格できるのではないか?と思い込んでしまっている方いらっしゃいませんか?率直に申し上げてその”思い込み”は危険です。

確かに、大手のエアラインスクールなどは同じ目的を持った人達が集まり刺激は多いに受けると思いますし、元客室乗務員の講師の方からの授業なども普段は考えられないシチュエーションなのでテンションも上がってモチベーションキープにはとても良い環境です。

ただ、そのスクールに通う目的が「行けば何とかなるのではないか?」という甘い考えでは効果はなかなかでません。「みんなが行っているから」という理由でスクールに行かれる方も同じです。

効果的にスクールを利用するためには、「何故通うのか?」という明確な目標が必要なのです。客室乗務員になるため、合格するために通うというのは明確な目標ではありません。それは、「願い」です。そしてエアラインスクールに行くことで満足してしまう「お稽古」となってしまいます。

後悔しないためのエアライン就活準備法選び

課題克服はアイデア勝負

そうならないためにも例えば、「面接苦手意識を改善するため」、「見た目や印象を改善するため」など、具体的に自分の課題を克服するために利用するという意識が大事。そこをしっかり意識していれば、その課題を克服するための場所はスクールだけではないということにも気付くはずです。そして、エアラインスクールに通わなくても今挙げた項目を克服するためのアイデアも出てきます。

たとえば

面接苦手意識を改善するため→本番の実践経験を増やすことによって苦手意識を改善
見た目や印象を改善するため→プロのメークの人に自分の顔かたちに合ったメーク法を学ぶ。プロのアナウンサーから発声法を学ぶ。自撮りで話している自分を確認し、改善点を見つける。

最後に結果を出すために

独学で準備したいという方の中には、エアラインスクールに本当に通わなくても大丈夫かな?と不安がつきまとっている方もいらっしゃるでしょう。これまでの私のエアライン5社で合格者を見てきた経験上、スクールに行っても独学で準備しても受かる人は受かるという印象を持っています。

そうはいっても、エアラインスクールに行くことで就活スキルを上げ独学より効率的に準備ができて短期間で合格出来たり、実力よりワンランク上のエアラインに合格する事も可能になります。

ただ、最後に結果を出すということは、結局自分次第なのです。言い換えれば努力するきっかけをみつけどれだけ目標に向けてがんばれるかここに尽きます。

エアライン合格するために本当に必要な事

私は独学準備から5回の合格成功体験ができ、自分を信じることの大切さを学びました。この学びは私にとってかけがえのない財産です。独学は、大変ですがそこから得るものや学ぶものも本当に大きいと思っています。ですので、独学で準備を考えていらっしゃる方には是非自分の意志を貫いて積極的に行動し壁を乗り越え、自分の力で夢を掴んで欲しいと強く願っております。

エアラインスクールに通うか独学エアライン準備か無料診断ができます。

エアラインスクールに行っても、受からない理由https://ca-lab.link/wp-content/uploads/2017/08/maxpixel.freegreatpicture.com-Directions-Signs-Security-Judgment-Choosing-1172211-580x420.jpghttps://ca-lab.link/wp-content/uploads/2017/08/maxpixel.freegreatpicture.com-Directions-Signs-Security-Judgment-Choosing-1172211-150x150.jpgca-labエアライン受験心得&マインドセットエアラインスクールに通うべきか キャビンアテンダントになろう!と決めた後に、エアラインスクールに通うか迷われる方は多いと思います。私も新卒時に思いっきり悩みました。 エアライン5社独学受験合格Story エアラインスクールに行けば、効率的に合格のノウハウを身につけさせてくれるのではないか?と考えていたからです。でももし、私が当時スクールに通っていたらエアライン合格はできなかったと思います。 何故なら、そこには自分の意志や目的意識というものがなく、行けば何とかなるのではないか?という甘えた考えで事に対処しようとしたからです。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); エアラインスクールに行っても、受からない理由 私と同じように、とりあえずスクールに行けば合格できるのではないか?と思い込んでしまっている方いらっしゃいませんか?率直に申し上げてその”思い込み”は危険です。 確かに、大手のエアラインスクールなどは同じ目的を持った人達が集まり刺激は多いに受けると思いますし、元客室乗務員の講師の方からの授業なども普段は考えられないシチュエーションなのでテンションも上がってモチベーションキープにはとても良い環境です。 ただ、そのスクールに通う目的が「行けば何とかなるのではないか?」という甘い考えでは効果はなかなかでません。「みんなが行っているから」という理由でスクールに行かれる方も同じです。 効果的にスクールを利用するためには、「何故通うのか?」という明確な目標が必要なのです。客室乗務員になるため、合格するために通うというのは明確な目標ではありません。それは、「願い」です。そしてエアラインスクールに行くことで満足してしまう「お稽古」となってしまいます。 後悔しないためのエアライン就活準備法選び 課題克服はアイデア勝負 そうならないためにも例えば、「面接苦手意識を改善するため」、「見た目や印象を改善するため」など、具体的に自分の課題を克服するために利用するという意識が大事。そこをしっかり意識していれば、その課題を克服するための場所はスクールだけではないということにも気付くはずです。そして、エアラインスクールに通わなくても今挙げた項目を克服するためのアイデアも出てきます。 たとえば 面接苦手意識を改善するため→本番の実践経験を増やすことによって苦手意識を改善 見た目や印象を改善するため→プロのメークの人に自分の顔かたちに合ったメーク法を学ぶ。プロのアナウンサーから発声法を学ぶ。自撮りで話している自分を確認し、改善点を見つける。 最後に結果を出すために 独学で準備したいという方の中には、エアラインスクールに本当に通わなくても大丈夫かな?と不安がつきまとっている方もいらっしゃるでしょう。これまでの私のエアライン5社で合格者を見てきた経験上、スクールに行っても独学で準備しても受かる人は受かるという印象を持っています。 そうはいっても、エアラインスクールに行くことで就活スキルを上げ独学より効率的に準備ができて短期間で合格出来たり、実力よりワンランク上のエアラインに合格する事も可能になります。 ただ、最後に結果を出すということは、結局自分次第なのです。言い換えれば努力するきっかけをみつけどれだけ目標に向けてがんばれるかここに尽きます。 ㊙エアライン合格するために本当に必要な事 私は独学準備から5回の合格成功体験ができ、自分を信じることの大切さを学びました。この学びは私にとってかけがえのない財産です。独学は、大変ですがそこから得るものや学ぶものも本当に大きいと思っています。ですので、独学で準備を考えていらっしゃる方には是非自分の意志を貫いて積極的に行動し壁を乗り越え、自分の力で夢を掴んで欲しいと強く願っております。 エアラインスクールに通うか独学エアライン準備か無料診断ができます。JAL・ANA・KL・UA・BA独学合格経験を持つ元外資系CAの就活合格術