外資系エアライン受験のための英語面接準備術

外資系エアラインでは、採用活動中すべて英語で行われるものから日本語も混ぜた面接まで各社によって違って来ます。

日本語の面接経験がある方は多いと思いますが、英語での面接となるとどのようなものかわからず準備も何をしたら良いかわからないということもあるのではないでしょうか?

これまで、私は欧米系ですが3社の外資系エアラインで英語面接を受けました。その経験を基に今回は、外資系エアラインの英語面接対策をお伝えします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

英語面接準備術

就活していた当時は準備法に確信もなくただ、場当たり的にこなしてきた英語面接ですが、振り返ると何が効果のある準備だったのかがよくわかります。

そこで以下、実際役に立った効率的な英語面接スキルアップの方法をお伝えします。

✔自己分析をして自分のアピールする部分を把握する(日本語でOK)
✔過去に使われた質問を使って、答えを英語で考えていく。その際シンプルで簡単な英語の答えを考える。
✔本番実践を繰り返す。もしくは面接練習を繰り返す。

あとは本番実践を繰り返してアピールする内容に磨きをかけ、ご縁をつかむのみです。

合格が近づく3つのステップ

ステップ1:まず自分自身を知ること。
最終面接では、様々な事を深く掘り下げられます。一段二段は当たり前。薄い内容ですと具体的には?○○とはどういうことですか?○○のときあなたは何を考え、どうしたのですか?など三段四段階くらいは深く聞かれます。

なので、あらかじめ自分自身について自己分析で情報を棚卸しをして強みやこれまでの経験、客室乗務員として活かせるスキルそして今後目指す姿などはしっかりと把握してください。

これは母国語でやるのが効率的です。普段日本語を使っているならば日本語でまずは自分の特徴をつかみます。

ステップ2:自分の情報を英語に訳して伝える。
日本語⇆英語が自由に出来ると言う方ならばそこまで苦労しないと思いますが、なかなか英語が出てこないという方はあらかじめ過去の外資系エアラインで聞かれた面接質問に対して自分で答えを作ってそれを練習するといいです。

英語面接準備に「キャセイパシフィック航空面接質問36」

外資系エアライン面接試験準備に「外資系エアライン面接質問集」

かなりの問題数をこなすと質問の傾向がつかめ、答えが見つかりやすくなります。また、言い回しや型を覚えると、聞き方が違うだけで同じ意図の質問などにはそのまま使えたりもしますので効率的です。

ただ、丸暗記は覚えてきた感が相手にも伝わってしまいますし応用力がつきません。なのでその際には、なるべく自分が一番言いたいことをシンプルにまとめて、簡単な英語で伝えるという練習をするといいですよ。

もしくは、あらかじめ考えた答えをすべて頭の中に入れて、自分の言葉で伝えているように見えるまで何度も練習しましょう。(*英語があまり得意でない方は、文章の構文や言い回しなども覚えられるので答えをすべて頭の中に一度入れておくといいと思います。)

ステップ3:アウトプットしてスムースに言えるようにひたすら練習する
英語の型や言い回しなどを頭の中に確実に入れて、言いたいときに言えるよう練習するだけです。

スポンサーリンク

外資系エアライン英語面接対策

ここまで具体的に英語面接の準備法をお伝えして参りました。英語面接(Job interview)のための英語を学ぶことが、一番スキルアップできる効率的な方法です。

そしてそれと同時に瞬時に英語と日本語をSwitch出来るよう頭を慣らしておくこと。毎日英語に触れる時間をなるべく多く取ることなどもこころがけてください。

そうすれば、いざ面接のチャンスが来たら、自信を持って英語の面接に臨んでいるあなたがいますよ!

英語面接準備に「キャセイパシフィック航空面接質問36」

外資系エアライン面接試験準備に「外資系エアライン面接質問集」

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク