客室乗務員 エアライン企業研究

スポンサーリンク
客室乗務員 エアライン企業研究

シンガポール航空の求める客室乗務員像

中華系、マレー系、インド系その他にも多くの外国人労働者を受け入れている多民族国家なシンガポール。シンガポール航空を利用するお客様も様々な国の方が多いことからも、多種多様な文化への対応力や柔軟性なども必要です。そんなシンガポール航空が求める客室乗務員像をお伝えします。
客室乗務員 エアライン企業研究

KLMオランダ航空の求める客室乗務員像

KLMオランダ航空の客室乗務員はアムステルダムと日本路線だけ乗務するいわゆるローカルスタッフです。そして、その役割も主に日本人のお客様のお世話,そしてオランダ人クルーとお客様の掛け渡しをする役目です。そんなKLMオランダ航空が求める客室乗務員像をお伝えします。
客室乗務員 エアライン企業研究

フィンエア(Finnair)の求める客室乗務員像

フィンエアは、2018年までにアジア路線を倍増することを戦略としてかかげ急成長している途中で、アジア便の収益を10年間で倍増させる計画の達成に向けて奮闘しています。そんなフィンエアが求める客室乗務員像についてお伝えします。
客室乗務員 エアライン企業研究

スイス航空の求める客室乗務員像

スイス航空は、破綻以前から働きやすい環境と質の高いサービスで客室乗務員を目指す人の中でも人気のあるエアライン。 しかも、外地ベースが多い中での東京ベースは貴重です。そんなスイス航空がどのような客室乗務員を求めているのかについてお伝えします。
スポンサーリンク