今が自分磨きのチャンス!日系・外資系エアラインCA必須スキル「英語コミュニケーション力」を磨きませんか?

エアラインCA独学合格!「もうだめかも」とならないための対処法

元外資系CAのつぶやき
エアラインスクールに通わないでエアラインCAを目指す方のメンタルの保ち方。
こんにちは!エアラインCA独学合格!元外資系CA山岡です。
エアラインの採用試験受験中って気持ちがすごく不安定になりやすくないですか?
エアラインCAに合格されている方も同じ経験をされています。
以前、エアラインCA合格された受講生の受験中に頂いたメールです。

自分の内容をまとめ試験に挑みました。しかし、企業研究した内容をうまく伝えれず悔しくて「もうだめかも」と落ち込み、朝を迎えて切り替えて、の繰り返しをして3日間過ごしました。
そして、本日、最終選考(JAL)のご案内と二次選考(ANA)のご案内をいただきました。信じられません。嬉しい通り越して落ち着いてます。笑ほんとに?と思っています。
しかし、まだ受かったわけではないので、ゆりさんが以前おっしゃってくださったように喜んだら次は引き締めて、試験日を迎えたいと思います。人生で初めてエアラインの個人面接、きっと、ものすごく緊張すると思いますが、楽しむ気持ちと感謝の気持ちをもってがんばります!

些細なことで落ち込んだり
ちょっとしたことで喜んだり
まして、エアライン面接が終わった後は自分の出来を振り返って後悔したり
面接官の反応が良いと結果を期待してしまったり
本当に感情が揺さぶられますよね。
そういう状況の中、気持ちの切り替えが出来る人は強いです。
それができるにはどうしたらいいのか?
JALフィロソフィーの1つに以下の言葉があります。
楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する
まさに、これがエアラインの採用試験中または準備している時に役立つ言葉。
「悲観的に計画」というのは、ありとあらゆる想定をしてそれに対してしっかりと準備すること。
自分でもできる限りの事はした!と納得出来る準備をします。
それをしたら、あとはもう気持ちを楽にして行動するのみ。
「どーんと来い!」状態が理想。
独学でエアラインCAを目指す方は、他の人と気持ちをシェア出来ません。
だから、納得のいく準備をしてきた自分を人一倍信じてくださいね。
面接が通って次に進めるとなったら、もちろんしっかり喜びましょう!
「よくやった」と自分を褒めてあげてください。
ひととおり嬉しさをかみしめたら、次の準備に取りかかります。
出来が悪かったら、とことん悔しがる。
辛くて涙が出て来たら泣いたっていいです。
ひととおり落ち込んだら、次の準備に取りかかります。
気持ちを切り替えて、やるべきことをやる。
結果は考えないで、淡々と最後までそれを繰り返す。
そうするとメールを頂いた方のように結果は後からついてきます。