「キャセイパシフィック航空CA合格体験記」記事をアップしました!

飛行機の中でぐっすり眠れるオススメグッズ

客室乗務員 仕事

飛行機の中でぐっすり眠ることができると、目的地についたあとの行動力が全然違いますよね。

 

客室乗務員もフライト時間により機内で一定の休憩時間をもらって休みます。だいたい、一回目のお食事と着陸前の食事などのサービスが始まる前までのあいだに2から3グループに別けて交代で休憩を取ります。

 

今回は、客室乗務員がどこで休憩をとっているのか?休憩時間ぐっすり眠るためのおすすめグッズなどをご紹介します。

 

客室乗務員はどこで休憩しているのか?

客室乗務員は通常Crew Bunk(クルーバンク)と呼ばれる、小さな小部屋で休憩を取ります。飛行機によって場所は違いますがだいたい2階にあって、小さなはしごを登ると、間仕切りされたベッドや二段ベッドなどの部屋になっています。

 

以前いたエアラインでは、そこに毛布や寝袋のようなものが用意されていてそれを使って乗務員は休んでいました。そして、時間になると他の乗務員がジュースやイギリスでは紅茶、アメリカではコーヒーを持って起こしに来てくれることもありました。

 

英語ですが下のyoutube動画で実際のCrew Bunkを見ることができます。