外資系エアライン客室乗務員採用試験の最終面接突破するには

外資系エアライン
外資系エアライン
ご訪問ありがとうございます♪
自己分析でエアラインCA独学合格!
CAラボのブログ初めましての方は
こちらを読んで頂けると嬉しいです(^^)
↓↓↓
エアラインCA独学合格を目指す方へ

どんな人が書いてるの?と思われた方は
↓↓↓
CAラボのプロフィール

外資系エアラインの最終面接はほぼ100%英語で行われます。日本語でも結構大変ですが、さらにそれを英語で伝えなくてはいけないので余計に心配になる方も多いのではないでしょうか?

まして最終まで残った方達も、それまでの対策次第では努力が水の泡になる可能性もありますので、しっかり準備をして臨みたいところです。

そこで今回は、外資系エアライン最終面接を3度くぐり抜けた体験から、合格対策のアドバイスをお伝えします。

外資系エアライン最後の難関

ファイナルインタビューでは通常個人面接受験者1対面接官1~2で行われ、レジメの内容を始め性格に関すること、趣味や好みまであらゆることについて深掘りされます。エアラインによっては個人面接で1時間くらいかけることもあります。

エアラインは、トレーニングを始め様々なコストをかけて育てなくてはいけないので、必ずフライトでのパフォーマンスや仕事への熱意そして会社への貢献度合いなど見返りが見込める人を探しています。

そのためには、自分がその会社で何が出来るのかこれまでの経験、強み、活かせるスキルなど確実に面接官に伝えなくてはなりません。

外資系エアラインの最終試験

私はこれまで欧米のエアライン3社の最終試験を受験しましたが、どこもかなりしつこく掘り下げられた印象があります。しかも色々な角度から同じような事を聞かれます。ですので、一貫性を保ちながらも毎回同じ答えは使えないので、ネタを変えたり言い方を変えたり工夫して対応できるようにしておくといいです。

最終面接を突破するために必要な事

外資系エアラインの最終面接を突破するために必要な事は

・自分の伝えたい事が言える英語力を身につける

・会話を楽しむ余裕

伝えたい事が言える英語力とは、なにもネイティブのようにぺらぺら話すことではありません。

たいてい緊張もしていますし、日本語面接で言っているような内容を英語にしようとするとなかなか思い浮かばなかったりすることもあります。

そのためには、言いたいことをかみ砕いて伝えるべき情報だけピックアップし、簡単な表現にし直してそれを英語に置き換えるという練習するといいと思います。

自分が伝えたいことを極力簡単な英語で伝える力をつけ、「見られている」から「見てもらう」というマインドに変えてこの人と一緒に働きたい!と思ってもらえるよう会話を楽しむこと大事です。

外資系エアライン面接官はどこをみているのか?

とある外資系エアラインで採用担当経験のある日本人の方が、上辺で話したり取り繕っている人の話はすぐにわかる。こちらは本音を聞きたいのに非常に残念。

また、機内サービスなどいざとなったときに自分で考え問題解決出来、自立した人でなければ外資系ではやっていけない。とおっしゃっていました。

やはりその人の本質がわからない限り、その人のことを信用することはできません。また、特に欧米のエアラインなどでは所作や歩き方、トレーの持ち方などといったこだわりはなく、ひとりひとり個性のあるサービスをします。

採用過程でカスタマーサービスの資質を認められトレーニングで基礎を学べばその後のサービススタイルをどのようなものにするかは、その人次第です。

一昔前までは1フライトの乗務員の数も余剰人員がいたりするなどサービスもある程度余裕を持って行えることができましたが最近は、最低限の人数で飛ばすエアラインが多くなりました。

一人一人の仕事量が増えますが、だからといってお客様のサービスも手を抜けないそんな状況です。そのような中でも、機内ではいろいろなことが起きます。そういう状況に対処して行くには、やはり自発的に物事を考え行動していくMatureさがものすごく大事です。

ですので最終的には、面接官にこの人となら一緒に働きたい!この人なら任せて大丈夫と思ってもらえるような信頼を得る面接対応を目指しましょう!

タイトルとURLをコピーしました