エアライン受験生の動向が気になる時期

新卒でJALやANAをはじめエアラインの客室乗務員採用試験の受験を考えていらっしゃる方、まわりの動向が気になりませんか?

特に就活が本格化してくるとJALの傾向、ANAの傾向など噂が出回ったり、周りの人がどのような準備をしているか気になってしかたがないなんてこともあります。

エアライン就活に集中する弊害

中には、他の企業なんて受けている暇も余裕もない!私はJAL・ANAが本命だから、試験本番までその準備に専念する!と言う方もいらっしゃるかもしれません。

そこでやりがちなのは、ANAやJALに関する本やサービスについて書かれた本を読んだり、面接テクニックを手っ取り早く身につけてスキルを上げることだけに集中してしまうこと。

この方法は一見合理的なように見えますが、実はとても危険な行為だと私は思っております。

本番で100%実力が出せる自信がありますか?

JALやANAの面接採用試験で100%力を出せる!と言い切れる方は大丈夫ですが、現時点で採用面接に100%対応できる自信がありますと言える方はどれだけいるでしょう?

学校の受験で考えると、第一希望の学校以外他は受けないのと似ています。多くの方は第一希望から滑り止めまで複数の学校を受験されるのではないでしょうか?

滑り止めの学校を受けるときと、第一希望、本命の学校を受験するとき同じ精神状態で受験できましたか?

滑り止めは、気持ちに余裕が持てたけれど本命は、問題を解くのに精一杯だったりしませんでしたか?

しかも、学校の試験は正解か不正解で点数が決まります。けれども、面接にはこれが正解です!というのはありません。さらに面接官やまわりの受験生との関わりなどによって、印象が左右されることだってあります。

そのような場合、適切な対応を取れますか?

聞かれたら困るような質問、いわゆる難問奇問といわれるような質問、企業研究をしていないとできない質問、その場で臨機応変に対応できる自信がありますか?

面接官の質問の意図を理解して確実に自分を伝える事ができますか?

しかもそこは本命。

ただでさえ緊張する状態で、できる自信がありますか?

多分、大多数の方は”NO”でしょう。

では、どうしたら100%自信を持って面接に臨めるようになるでしょう?

本命エアラインに合格する可能性を上げる方法

それには、やはり本番面接実践という数稽古です。もうこれしかないと思っています。就活力をつけるには、テクニックよりまず就活スキルを上げなくてはいけません。

就活スキルとは、自分の軸を理解しそれを的確にアピールする技術です。これは才能ではありません。誰しもやれば身につける事ができます。そういう人がテクニックというものを使えば更に強い武器になる可能性があります。

けれども就活スキルが身に付いていない人のテクニックは、簡単に見透かされます。採用担当の方達は、人物を見る目が肥えている方達ですから!

新卒でエアライン業界特に客室乗務員を目指されている方は、中には外資系エアラインを希望されている方もいらっしゃると思いますが、第一希望はやはりJALやANAが多いのではないでしょうか?

そういうあなたが何よりも必要なのは、面接で自分自身をしっかり伝えられることができる就活スキルをどれだけ向上させてJAL・ANA本番面接に臨めるかということです。

自信を持って本番試験に臨むために必要な準備

テクニックに専念している人は、そこから自分に自信を持つきっかけや成功体験を得ることができないので、いつまでたっても不安なまま。

不安だから、本番でも自分を良く見せようと普段より気負って”素”を出せずじまいで終わってしまい、後悔だけが残る受験になる可能性大なのです。

付け焼き刃的な知識や上辺のテクニックなどを身につける時間があったら本番面接実践で感覚を掴んで、就活スキルを上げることに専念してください。感覚がつかめると自分に自信が持てるようになります。

エアライン合格オーラを身につける

就活スキルがだんだんと身に付いて、就活が楽しくなってくるころ入社できたらいいなと思える企業から内定が出始めます。そして、更に自分に自信がつくのです。

自己信頼から来る自信や成功体験は、あなたのポジティブなオーラとなります。ですので、自分の可能性を狭めないようにするためにも以下の事を心がけてください。

✔興味のある企業の面接をたくさん受け、様々な角度から色々な質問を受ける

✔面接の質問と自分のアピールする情報を繋ぐ回路を太くする

✔様々なシチュエーションで、臨機応変に対応出来る発想力や柔軟性を身につける

✔常に笑顔で気持ちに余裕をもってあなたらしさを自己アピールできるよう、メンタルを訓練する

JAL・ANAエアライン受験本番までにやるべき事

就活スキルを身につけていてもやはり本命エアラインを受験するときは、緊張します。ですので、JALやANA本番までに今やるべき事は三つ!

①自己分析&企業研究の深掘り

②自己PRと志望動機の精度を上げる

③面接実践

①から③を繰り返し、就活スキルをあげること!周りの動向や情報に右往左往することなく、これに集中しましょう。

 

 

 

新卒エアライン就活準備の注意点https://ca-lab.link/wp-content/uploads/2017/01/c569a082-bd6d-4c45-93c9-1c6e4b4c7c91-1.jpghttps://ca-lab.link/wp-content/uploads/2017/01/c569a082-bd6d-4c45-93c9-1c6e4b4c7c91-1-150x150.jpgca-lab新卒受験準備          エアライン受験生の動向が気になる時期 新卒でJALやANAをはじめエアラインの客室乗務員採用試験の受験を考えていらっしゃる方、まわりの動向が気になりませんか? 特に就活が本格化してくるとJALの傾向、ANAの傾向など噂が出回ったり、周りの人がどのような準備をしているか気になってしかたがないなんてこともあります。 エアライン就活に集中する弊害 中には、他の企業なんて受けている暇も余裕もない!私はJAL・ANAが本命だから、試験本番までその準備に専念する!と言う方もいらっしゃるかもしれません。 そこでやりがちなのは、ANAやJALに関する本やサービスについて書かれた本を読んだり、面接テクニックを手っ取り早く身につけてスキルを上げることだけに集中してしまうこと。 この方法は一見合理的なように見えますが、実はとても危険な行為だと私は思っております。 本番で100%実力が出せる自信がありますか? JALやANAの面接採用試験で100%力を出せる!と言い切れる方は大丈夫ですが、現時点で採用面接に100%対応できる自信がありますと言える方はどれだけいるでしょう? 学校の受験で考えると、第一希望の学校以外他は受けないのと似ています。多くの方は第一希望から滑り止めまで複数の学校を受験されるのではないでしょうか? 滑り止めの学校を受けるときと、第一希望、本命の学校を受験するとき同じ精神状態で受験できましたか? 滑り止めは、気持ちに余裕が持てたけれど本命は、問題を解くのに精一杯だったりしませんでしたか? しかも、学校の試験は正解か不正解で点数が決まります。けれども、面接にはこれが正解です!というのはありません。さらに面接官やまわりの受験生との関わりなどによって、印象が左右されることだってあります。 そのような場合、適切な対応を取れますか? 聞かれたら困るような質問、いわゆる難問奇問といわれるような質問、企業研究をしていないとできない質問、その場で臨機応変に対応できる自信がありますか? 面接官の質問の意図を理解して確実に自分を伝える事ができますか? しかもそこは本命。 ただでさえ緊張する状態で、できる自信がありますか? 多分、大多数の方は”NO”でしょう。 では、どうしたら100%自信を持って面接に臨めるようになるでしょう? 本命エアラインに合格する可能性を上げる方法 それには、やはり本番面接実践という数稽古です。もうこれしかないと思っています。就活力をつけるには、テクニックよりまず就活スキルを上げなくてはいけません。 就活スキルとは、自分の軸を理解しそれを的確にアピールする技術です。これは才能ではありません。誰しもやれば身につける事ができます。そういう人がテクニックというものを使えば更に強い武器になる可能性があります。 けれども就活スキルが身に付いていない人のテクニックは、簡単に見透かされます。採用担当の方達は、人物を見る目が肥えている方達ですから! 新卒でエアライン業界特に客室乗務員を目指されている方は、中には外資系エアラインを希望されている方もいらっしゃると思いますが、第一希望はやはりJALやANAが多いのではないでしょうか? そういうあなたが何よりも必要なのは、面接で自分自身をしっかり伝えられることができる就活スキルをどれだけ向上させてJAL・ANA本番面接に臨めるかということです。 自信を持って本番試験に臨むために必要な準備 テクニックに専念している人は、そこから自分に自信を持つきっかけや成功体験を得ることができないので、いつまでたっても不安なまま。 不安だから、本番でも自分を良く見せようと普段より気負って”素”を出せずじまいで終わってしまい、後悔だけが残る受験になる可能性大なのです。 付け焼き刃的な知識や上辺のテクニックなどを身につける時間があったら本番面接実践で感覚を掴んで、就活スキルを上げることに専念してください。感覚がつかめると自分に自信が持てるようになります。 エアライン合格オーラを身につける 就活スキルがだんだんと身に付いて、就活が楽しくなってくるころ入社できたらいいなと思える企業から内定が出始めます。そして、更に自分に自信がつくのです。 自己信頼から来る自信や成功体験は、あなたのポジティブなオーラとなります。ですので、自分の可能性を狭めないようにするためにも以下の事を心がけてください。 ✔興味のある企業の面接をたくさん受け、様々な角度から色々な質問を受ける ✔面接の質問と自分のアピールする情報を繋ぐ回路を太くする ✔様々なシチュエーションで、臨機応変に対応出来る発想力や柔軟性を身につける ✔常に笑顔で気持ちに余裕をもってあなたらしさを自己アピールできるよう、メンタルを訓練する JAL・ANAエアライン受験本番までにやるべき事 就活スキルを身につけていてもやはり本命エアラインを受験するときは、緊張します。ですので、JALやANA本番までに今やるべき事は三つ! ①自己分析&企業研究の深掘り ②自己PRと志望動機の精度を上げる ③面接実践 ①から③を繰り返し、就活スキルをあげること!周りの動向や情報に右往左往することなく、これに集中しましょう。      JAL・ANA・KL・UA・BA独学合格経験を持つ元外資系CAの就活合格術