客室乗務員になるためのTOEIC英語の資格について

英語の資格:TOEICについて

日系エアラインや外資系の一部では募集要項にTOEICの点数が書かれています。

例えばJALの募集要項
TOEIC600点以上、または同程度の英語力を有する方。

このように、ほとんどの日系エアラインは550~600点以上もっているもしくは同等の英語力が望ましいとしています。

客室乗務員に求める英語力

募集要項に書いてあると言うことは、”エアラインの客室乗務員に求めるニーズ”であるということです。望ましいと書いてありますし、TOEICの点数が600点未満の方でもJALやANAに合格しているのでMust Item(マストアイテム)必需品では無いと勘違いされるかもしれません。

”英語が苦手でTOEICが600点とれていないですが客室乗務員になれますか?”などの質問もよく見かけます。 けれども、エアライン業界や企業研究をすれば英語は客室乗務員とって必須のスキルということは明白。

英語の苦手意識を克服して600点をクリアしている人はたくさんいます。ですので、それを満たしていないと逆にどんなに面接で熱意を語っても面接官には響かない恐れがあります。

特に日系エアラインではTOEIC600点以上。外資系エアラインは英語を使ってコミュニケーションが出来る力が必要です。

ただ英語が苦手な人に取って朗報なのは、JALやANAその他TOIECの点数を求めているエアラインはTOEICの点数が600点(中には550点)以上さえ取れていれば、そのエアラインの募集要項にマッチします。  

ほとんど話せなくても入社前はOK。要は点数さえ取れていればいいのです。 JALには英会話の試験が取り入れられていますが、難易度で言ったら初級レベル。苦手な人も対策をすれば充分対応出来ます。

エアラインのニーズに合った人材になるために、JALやANA、日系エアラインを目指す方は是非TOEICは600点以上取得してくださいね。

600点以上すでに取得している方で、英語を自分のアピール材料としたい方や余力のある方は是非少しでも点数が上がるよう勉強してください。

現在、日本の一般企業で海外出張や海外赴任の際求められるTOEICの点数は860点以上と言われておりますので、この点数を1つの目安にするといいと思います。

”短期で戦略的に点数を取る方法を教えてくれるTOEIC塾”

一方外資系エアラインでは、入社前に求める内容が違っています。

TOEICだけでは必ずしも英語を使って実践的なコミュニケーションが出来るかどうかまでは、正しく判断できません。

外資系エアラインの中では、それほどTOEICの点数は重視されていないところもあります。 では、募集資格などにどういう書き方をされているかというと、「英語堪能な人」とか「英語でのコミュニケーションに支障の無い人」等という記載が募集要項によくでています。

外資系エアラインは、実際ビデオインタビューや面接で語学スキルを評価されることも多いです。

外資系エアラインを目指している方は、TOEICの点数をある程度取得したら面接準備のための英会話の方に力を注ぎましょう。

TOEICについて

以下、アルクのサイトから引用させていただいております。

TOEICは、Test of English for International Communication の略で、「国際コミュニケーションのための英語力測定試験」を表します。

リスニングセクション[100問・約45分]と、リーディングセクション[100問・75分]から成り、合計200問を2時間で解答します。

問題用紙は全て英語で印刷されており、解答方法の指示放送もすべて英語です。解答はマークシート方式です。

テスト結果は、スコア(得点)で示されます。各セクション495点で、合計990点満点。最近の公開テストの平均スコアは、560~580前後。

テストの英語はビジネスシーンや日常生活を題材にしたものが多く、ビジネスで使う語彙・表現が数多く登場します。主に日本と韓国のビジネスパーソン向けに作られたテストなので、日本人と韓国人の苦手な発音の聞き取りなど、弱点を突く問題がよく出題されます。

TOEIC勉強法

TOEICの勉強法だけでも、しっかり伝えるには時間がかかってしまうのでここではエッセンスだけをお伝えします。

・TOEICの点数取得に短期集中する
・教材は公式問題集
・理解語を増やす
・できるだけ続けて受験する

TOEIC600点以上取得していない方は、出題傾向の違う英検やその他の語学の資格などには手を出さずTOEICの点数取得に集中しましょう。しかも短期です。

日本では、英検、ANAが採用しているGTECや国連英検などなど多くの英語の資格試験が行われております。すでに受験したことがあり点数や級を持っているという方は別ですが、これから資格を取ろうとする場合TOEICの点数だけで充分です。

そして、TOEICを勉強するに当たって点数を上げるということを念頭において勉強します。

だらだらやっているとモチベーションも持ちませんし、自分は英語が苦手という間違った自分への印象を持ってしまう可能性があるので、ここは短期集中で絶対目標点数をクリアする!という意気込みでやりましょう!

教材は公式問題集何度も繰り返し勉強してパターンを覚えます。

公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 3

「1日3時間の勉強で90日以内にTOEIC800点を取る具体的な勉強法」を教えていらっしゃる石崎式TOEIC塾では、「理解語」を意識をおいているということです。

理解語とは、聞いたり読んだりした時にその意味が瞬時に理解出来る単語のことで、TOEICでは何となく意味を知っているなどの曖昧に理解している単語の数を極力減らしそれを理解語へとレベルアップすることが必要だとおっしゃっています。

たとえば、簡単ですがAppleと聞いて瞬時に意味を理解出来ますよね。でも、Absolutelyと聞いたり見たりして瞬時に理解出来る人となるととたんに人数が減ってしまうのでは無いでしょうか。

確かに、リスニングではリピートされないですし制限時間内に解答を終えなくてはいけないのでスピードが要求されるTOEICではこの理解語の数を増やすと言うことは点数アップに多いに繋がります。

この理解語を増やすために役に立つ教材

TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ)

それから、短期集中で点数を取りたいので試験の時間配分や回答の仕方などある程度慣れも必要です。なので、できる限り毎回続けて受験するよう心がけてください。

今回ご紹介した石崎式TOEIC勉強術の無料Eブックを受け取れます。とても詳しく説明されていて、これを読んだだけで800点台は行ける人もいるらしいです。よかったら一読をおすすめします。

また、TOEICの講座などを探されていたら石崎さんのTOIEC塾

だらだらと色々な教材や講座に時間と労力と金銭的な負担をかけて、なかなか成果が上がらなかったりするより、効率的にサクッと点数を取得すれば他の準備に時間をかけることができます。

時間をかけるべき所を、間違わないように気をつけましょう。

エアライン採用試験で提出するTOEIC証明書

TOEICを受験する上で注意点が二つ

・公式テストとIPテスト

・写真に注意

TOEICは、他の資格試験と同じように個人が決められた日と時間に一斉に受験する公式テストと、学校や職場で任意の日時で団体受験できる公式テストの2種類があります。

取得点数が記載されている公式認定書が発行されるのは、公式テストのみです。一般に就職などで公式認定証を提出する場合は、公式テストの認定証が通常必要になりますので注意が必要です。

また、TOEICを受験する際本人確認のための写真が必要ですが、エアラインに提出する可能性があることを考えて、特に笑顔である必要はありませんがみだしなみや服装などは気をつけた写真を使うことをおすすめします。

シェアする

フォローする