客室乗務員を目指すサービス業未経験の方へのアドバイス

コンサルをしているとたびたび”サービス業未経験”、客室乗務員の仕事とは全く違う仕事をしています。こんな私でも客室乗務員になれますか?というお問合せをいただきます。

そういう方には、なれるかなれないかはあなた次第です。挑戦しない限りは結果も何もありません。是非やる気があるならばトライしてください!とお伝えしています。

今回は、接客業の経験が無い新卒の方や社会人の方々へのアドバイスです。

未経験者はハードルが高い

とにかく興味があるなら是非受験してください!とお伝えしている一方、実は受験するエアラインなどにもよりますがCA未経験の社会人の方がCAになる難易度が実は一番高いのです。

一度CA経験者となると、客室乗務員として働くスキルを備えているという証拠になりますので、特に即戦力やプロフェッショナル志向を求める傾向の強い欧米外資系エアラインの場合は、有利に働く場合があります。

実際、私もKLM(KLMオランダ航空)からUA(ユナイテッド航空)そしてBA(ブリティッシュエアウェイズ)と転職しましたが、UAもBAも客室乗務員としてのスキルをすでに持っていた事が有利になった好例です。(もちろん未経験者の合格者もおりました。)

UAは当時成田ベース(成田を拠点としてUAの路線をフライトをすること。)を初めてオープンし、未経験者よりカスタマーサービスや客室乗務員としてのスキルを持っている経験者が求められていました。合格した人の中にはもちろん未経験者の方もいらっしゃいましたが、経験者という立場が有利に働いたのです。 しかも、合格者の中には2社目、3社目それ以上という人も結構います。

だからといって、未経験者の方にチャンスがないわけではないですし、経験者だからと言って必ず合格するという訳ではありません。

新卒でサービス業未経験者の方

新卒でアルバイトでサービス業などもこれまでしてこなかった方は、接客業の経験がないので不利になるのではないか?と不安に思われているかもしれませんね。

でも、心配しないでください。学生の本分はアルバイトではなく”勉強”です。そしてその人のポテンシャル”潜在的な可能性”の方を重視するのでサービス業の経験がないからといって自信をなくさないでくださいね。

私も学生時代接客業のアルバイトは経験がありませんでした。それよりもどれだけ学生生活を充実させたかの方が重要です。

社会人でサービス業未経験者の方のCAになる近道

客室乗務員を目指して準備されている特に既卒の方、次の二つのうちあなたはどちらが近道だと思いますか?

①LCC、フルサービスのエアライン問わず絶対CAになりたいから、募集がでたら手当たり次第受験している
②CAになりたいけれど、自分の希望するエアライン以外ならばやりたくない。だから、行きたくないところは受験しない。

①と②でしたら、断然①の方が客室乗務員になれる確立が高いですよね。
未経験の方で、何が何でも客室乗務員になりたい!と考えていらっしゃる方は、こちらをオススメします。
②を選んで、希望するエアラインの人気が高ければ高いほど難易度が上がり、合格率は下がります。

多分、多くの皆様は①と②の間にいるのではないでしょうか?CAになりたいけれど、ある程度自分が働きたいと思う許容範囲内のエアラインだったらいいなぁ。 このような感じではないですか?

エアライン未経験者の受験戦略

エアライン未経験者さらにサービス業未経験者のかたは、とりあえず募集がでたところを受験して一旦客室乗務員経験者というキャリアを持つ。そして、そこから経験者としてエアラインを受験し更なる可能性を増やして、希望のエアラインを狙う。

できる限り募集がでたら受験をして合格の可能性を高め、とりあえず経験者というステータスを持つことを最優先することも、エアラインの客室乗務員になる戦略の一つです。

関連記事

ピックアップ記事

外資系エアライン受験 英文履歴書(レジメ)の書き方のコツ

外資系エアラインに応募する際、レジメ(Resume)英語の履歴書を提出させるところがあります。Webで提出するエアラインが最近は多いですが、…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る

あわせて読みたい関連記事