客室乗務員になるためのエアライン就活合格テクニック

客室乗務員になるための合格テクニックと聞くと、そんなものがあるの?と思われるかもしれません。合格するためのノウハウには小手先のモノから本質的なモノまで様々なものがあります。

受験生の方には、どれが小手先でどれが本質的なものか区別しづらくないですか?これが良いです!なんてすすめられたら、「そういうものなのか」と受け入れてしまうのではないでしょうか?

そこで、独学合格経験者がこれからの受験生にお伝えしたい「客室乗務員合格テクニック」をお伝えします。

エアラインに合格するためには何が必要か?

客室乗務員を目指すあなたの直近の目標は何ですか?

もちろん、客室乗務員になること!ですよね。現在、皆様は客室乗務員になるために日々様々な努力や準備れていらっしゃると思います。ここで、いますこし振り返って考えて頂きたいことがあります。 客室乗務員になる前にしなくてはいけないことは何でしょう?

そうです!エアライン採用試験に合格しなければいけません!採用試験に通ってはじめて、皆様は客室乗務員になれますよね。

 

就活スキルとエアライン合格テクニック

就活には、色々なテクニックがあります。エアライン受験を例に挙げるとよく見かけるのが第一印象を上げるための所作やメーク、面接マナーのテクニック。

一見、これも立派な就活スキルUP法だと思われがちですが、実は宝の持ち腐れになる可能性が高い。

何故なら、これらのある種外見を磨くテクニックは他の受験生との違いをしっかりと言葉で伝える事ができない限り、残念ながら活かされないからです。

逆に言ったら、なかなかエアラインに合格出来ない方は上辺の就活テクニックに重点を置いてしまっている可能性があるとも言えます。そのようなテクニックを身につけることは、所作など洗練されますので意味がないとは言いませんが、エアライン受験生に多い「型にはまった人」になっている可能性もあります。

*型にはまった人にならない方法は高倍率なエアライン受験を突破するための方法の記事でお伝えしています。

テクニックは不要

JALやANAなどの人気エアラインであればあるほど、高倍率をくぐり抜けないといけないので他の人とどう違うのか?あなたの魅力は何なのかということを伝えるための就活スキルが必須。

就活を成功させるためにはまず自分の軸をしっかりと伝える就活スキルを上げることが最優先事項となり、上辺のテクニックはその後でいいのです。

しかも明確な戦略の基でなくては、その上辺のテクニックは活かされません。むしろ自分を差別化できる就活スキルがしっかり身に付いていれば、必要ない位です。

エアライン合格に欠かせない自己分析

現在、主催しているCAラボは、皆様の思い描く一般的なエアラインスクールと少し違います。ですので、就活塾とした方がいいかもしれませんね。

エアライン5社合格した経験をベースに就活を成功させるために必要な”自己分析”を専門にしています。 なぜ自己分析かといいますと。就活で内定を取るには欠かせないモノだからです。

業種問わず人気企業や高倍率難関企業に合格するためにはまず何よりも就活スキルをUPさせることが先決。その根幹が、自己分析から作られる”自分の軸” 

このことを”落ちこぼれ就活生”以来これまでの自分の経験上、身をもって実感しているからなのです。このスキルが上がれば、エアラインでも1社どころか複数のエアラインに合格する確率もグンと上がります。

皆様の準備は、上辺のテクニック重視になっていませんか?自分を伝える就活力UPのための準備になっていますか?効果的な準備をするためにも、是非振り返って考えてみてくださいね!

関連記事

ピックアップ記事

通過率アップ!客室乗務員になるためのエアライン受験の書類作成法

エアラインの客室乗務員採用試験で書類審査がなかなか通過しない方、通ったり通らなかったりする方にとって書類作成は悩みの 1 つですよね。エアラ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る

あわせて読みたい関連記事