なぜあの人はCAに合格するのか?合格する人しない人の違い

客室乗務員になること以外絶対考えられない!と日々努力している方もいらっしゃると思います。その強い気持ちはモチベーションアップに繋がりますので、多いに利用したいものです。

けれども、何事も度が過ぎるとマイナスの作用も出て来ます。「なぜあの人はCA合格出来て、私は合格出来ないの?」と悶々とした気持ちを持ってしまうかもしれません。熱い気持ちをポジティブに利用するために今回は、何が何でもCAになる!と思われている方へのアドバイスです。

恋愛に置き換えてみると

好きな人ができるとその人だけしか見えなくなってしまう 。その人と会えるなら自分の用事を変えてでも相手に合わせてしまう 。とにかく相手に尽くしてしまう 。人を好きになるとどうしようもなくなる気持ち わかります。

でも、そんな切ない乙女心は、男性からみれば”重い””うざい”と解釈される事があるのも悲しい現実です。まぁ逆もあるかもしれませんが、、、

実はエアライン就活も同じ。

思い込んだら一筋

「私は、CAになる以外考えられない。 」と言って、すべてをキャビンアテンダントになるために注いだりしてしまう人 、他にも新卒就活で航空会社以外は受験しない 。エアライン受験の準備が忙しいので就職しない。エアライン就活準備に時間が取れないから、現職を辞める。独りよがりな行動をしていませんか?

その気持ち!その熱意!正しい努力に向ければ 成功へ近づくはずなのに もったいない! 実にもったいない! 一つのことしか見えないということはとても危険です。なかなか結果が思うように出ずに煮詰まってくると、ますますピンポイントでしか物事が見られなくなる傾向があります。

先程の恋愛でもそうですが、 その人のことしか見えなくなると、たとえ周りの人がアドバイスを言っても耳に入らなくなるのです。

エアライン就活も、目指すべき職業があるということはとてもすばらしいことです。 それが叶ったらもっとすてきなことです。 でも、決して視野を狭めないでください。

心に余裕を持つために

CAに合格する人しない人の違いは、心の余裕も違います。ある程度、客観的に自分や周りの状況を把握出来る人の方が物事に対する柔軟性が出てくるのです。

新卒で就活している方は、この機会を逃すとなかなか会社というものを覗くチャンスはありません。 どんどん他業種他社を受験してみましょう。

既卒の方も、いろいろな経験や職務体験を積み人間としての厚みを深めましょう。 その経験の幅が、お客様への期待を超えるサービスに繋がります。

もしかしたら 違うことに目覚めるかもしれません。 キャビンアテンダントもやりたいことの一つになるかもしれません。 それでいいのです。 気負いがなくなると心に余裕ができます。 そんなゆとりがあなたを合格へと近づけるのです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク