あなたはどちら?

客室乗務員を目指して準備されている特に既卒の方、次の二つのうちあなたはどちらですか?

①LCC、フルサービスのエアライン問わず絶対CAになりたいから、募集がでたら手当たり次第受験している

②CAになりたいけれど、自分の希望するエアライン以外ならばやりたくない。だから、行きたくないところは受験しない。

①と②でしたら、断然①の方が客室乗務員になれる確立が高いですよね。
未経験の方で、何が何でも客室乗務員になりたい!と考えていらっしゃる方は、こちらをオススメします。

②を選んで、希望するエアラインの人気が高ければ高いほど難易度が上がり、合格率は下がります。 多分、多くの皆様は①と②の間にいるのではないでしょうか?CAになりたいけれど、ある程度自分が働きたいと思う許容範囲内のエアラインだったらいいなぁ。 このような感じではないですか?

未経験者はハードルが高い

受験するエアラインなどにもよりますがこれまでの印象で、CA未経験の方がCAになる難易度が実は一番高い! 一度CA経験者となると、客室乗務員として働くスキルを備えているという証拠になりますので、特に即戦力やプロフェッショナル志向を求める傾向の強い欧米外資系エアラインの場合は、有利に働く場合があります。

実際、私もKLM(KLMオランダ航空)からUA(ユナイテッド航空)そしてBA(ブリティッシュエアウェイズ)と転職しましたが、UAもBAも客室乗務員としてのスキルをすでに持っていた事が有利になった好例です。(もちろん未経験者の合格者もおりました。)

UAは当時成田ベース(成田を拠点としてUAの路線をフライトをすること。)を初めてオープンし、未経験者よりカスタマーサービスや客室乗務員としてのスキルを持っている経験者が求められていました。合格した人の中にはもちろん未経験者の方もいらっしゃいましたが、経験者という立場が有利に働いたのです。 しかも、合格者の中には2社目、3社目それ以上という人も結構います。

だからといって、未経験者の方にチャンスがないわけではないですし、経験者だからと言って必ず合格するという訳ではありません。

エアライン未経験者の受験戦略

現在欧米系のエアラインは、中東、アジア、日系エアラインのように頻繁には残念ながら採用募集がでません。ですので、とりあえず募集がでたところを受験して一旦客室乗務員経験者というキャリアを持つ。

そして、そこから経験者としてエアラインを受験し更なる可能性を増やして、希望のエアラインを狙う。 外資系特に欧米系エアラインを考えていらっしゃる方は、このような方法もあります。

できる限り募集がでたら受験をして合格の可能性を高め、とりあえず経験者というステータスを持つことを最優先することも、外資系エアラインの客室乗務員になる戦略の一つです。

客室乗務員・サービス業未経験の方へアドバイスhttps://ca-lab.link/wp-content/uploads/2017/08/dastan.jpghttps://ca-lab.link/wp-content/uploads/2017/08/dastan-150x150.jpgca-labシチュエーション別アドバイス(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); あなたはどちら? 客室乗務員を目指して準備されている特に既卒の方、次の二つのうちあなたはどちらですか? ①LCC、フルサービスのエアライン問わず絶対CAになりたいから、募集がでたら手当たり次第受験している ②CAになりたいけれど、自分の希望するエアライン以外ならばやりたくない。だから、行きたくないところは受験しない。 ①と②でしたら、断然①の方が客室乗務員になれる確立が高いですよね。 未経験の方で、何が何でも客室乗務員になりたい!と考えていらっしゃる方は、こちらをオススメします。 ②を選んで、希望するエアラインの人気が高ければ高いほど難易度が上がり、合格率は下がります。 多分、多くの皆様は①と②の間にいるのではないでしょうか?CAになりたいけれど、ある程度自分が働きたいと思う許容範囲内のエアラインだったらいいなぁ。 このような感じではないですか? 未経験者はハードルが高い 受験するエアラインなどにもよりますがこれまでの印象で、CA未経験の方がCAになる難易度が実は一番高い! 一度CA経験者となると、客室乗務員として働くスキルを備えているという証拠になりますので、特に即戦力やプロフェッショナル志向を求める傾向の強い欧米外資系エアラインの場合は、有利に働く場合があります。 実際、私もKLM(KLMオランダ航空)からUA(ユナイテッド航空)そしてBA(ブリティッシュエアウェイズ)と転職しましたが、UAもBAも客室乗務員としてのスキルをすでに持っていた事が有利になった好例です。(もちろん未経験者の合格者もおりました。) UAは当時成田ベース(成田を拠点としてUAの路線をフライトをすること。)を初めてオープンし、未経験者よりカスタマーサービスや客室乗務員としてのスキルを持っている経験者が求められていました。合格した人の中にはもちろん未経験者の方もいらっしゃいましたが、経験者という立場が有利に働いたのです。 しかも、合格者の中には2社目、3社目それ以上という人も結構います。 だからといって、未経験者の方にチャンスがないわけではないですし、経験者だからと言って必ず合格するという訳ではありません。 エアライン未経験者の受験戦略 現在欧米系のエアラインは、中東、アジア、日系エアラインのように頻繁には残念ながら採用募集がでません。ですので、とりあえず募集がでたところを受験して一旦客室乗務員経験者というキャリアを持つ。 そして、そこから経験者としてエアラインを受験し更なる可能性を増やして、希望のエアラインを狙う。 外資系特に欧米系エアラインを考えていらっしゃる方は、このような方法もあります。 できる限り募集がでたら受験をして合格の可能性を高め、とりあえず経験者というステータスを持つことを最優先することも、外資系エアラインの客室乗務員になる戦略の一つです。JAL・ANA・KL・UA・BA独学合格経験を持つ元外資系CAの就活合格術