JAL・ANA・日系・外資系エアライン共通の客室乗務員に求める資質

エアライン業界、特に日系エアライン業界で客室乗務員に求める資質が以前と変わってきていることをご存知ですか?これを理解していないと、客室乗務員に合格する為の正しい努力や準備ができない可能性があります。そこで今回は日系エアラインが求める資質がどのように変化しているのか?をお伝えしていきます。

スポンサーリンク

客室乗務員を目指して独学でエアライン・CA受験される方へ

客室乗務員を目指して独学で準備をしている人の中には、エアラインスクールに通っていないから自分は不利ではないか?と考える方もいらっしゃるのではないでしょうか?そこで自分の独学合格経験を基に、独学でエアライン採用試験に臨まれる方へのアドバイスをお伝えします。

バニラエアの求める客室乗務員像

バニラエアの利用者の7割以上が台湾からの利用ということで、中国語でコミュニケーションが取れる方が歓迎されてはいるものの、経験は不問!とあるように、様々なバックグラウンドを持った人材を幅広く採用しているバニラエア。そんなバニラエアが求める客室乗務員像をお伝えします。

フジドリームエアラインズ(FDA)の求める客室乗務員像

フジドリームエアラインズは、最後の地方空港とよばれ全国で98番目の静岡空港を拠点に2009年7月に開設されました。地域と地域を小型リージョナルジェット機(Embraer170、Embraer175)を使いダイレクトに結んでいるFDA(フジドリームエアラインズ)。そんなFDAが求める客室乗務員像をお伝えします。

スポンサーリンク