正しいスタートを切るために

これからエアライン就活準備を始める方やなかなか結果の出ない方へのアドバイス。

”現状の把握”についてお伝えします。 例えば、皆様が”日本列島縦断の旅”に出るとします。 最初にすることといったら、ゴールを決めますよね。そして、地図を見ながら、自分の居場所からどのルートを通るのが一番いいか考えながら、コースを選択することだと思います。 エアライン受験もこれと同じ。

現状の把握から目をそむけない

客室乗務員になろうと決めたら、どこから出発するのか、まず自分の居場所を確かめます。

あの心理学で有名なマズローは、「自己実現に必要な資質は、自分自身に対して完全に率直で客観的になれることだ」と記したそうです。 何かを達成したいと思ったら、自分というものを冷静な視点で分析し、見極めなくてはいけません。

例えば、英語。 英語は苦手と、ついつい準備が後回しになっていませんか? 例えば、自己分析。 やることが多そうで面倒くさそう。できるならやりたくない。 本来なら最初に手をつけなくてはいけないのに、やり方がわからないから放置していませんか?

その他にも、年齢や経験者か未経験者の違いなどで直近の目標をエアライン合格にするならば、最良なコースもそれぞれ違ってきます。

今、自分はどれくらい力があるのか?目的地まで行くのに必要なものは何か?それから割り出される最短ルートはどれか?現状の把握は、カーナビに目的地や情報を入れて、最短最速ルートを知ることに似ています。 このスタート地点の見極めをやらないのは、マニュアルで目的地を探そうとしていることと同じ。

効率的なエアライン就活準備をするために

車を運転するのに、カーナビ装備なく地図を見ながら目的地にたどり着くことほど大変なことはありませんよね。 ナビに頼らず見切り発車をすると、いきあたりばったりで結局何度も車を止めて、地図を見返す。 本当に目的地につけるのだろうかと、心配になります。これと同じ事が、エアライン受験準備をしていても起こるのです。

なので、エアライン受験準備をスタートさせる際は是非客観的に自分を見つめ、どこを目指すのか?それには何が必要か?自分には何が足りないのかという情報を自分の脳というカーナビにしっかりインプットしておきましょう。そしてそれに従ってひたすら動くのです。

エアライン受験準備はスタートが肝心https://ca-lab.link/wp-content/uploads/2017/08/start.jpghttps://ca-lab.link/wp-content/uploads/2017/08/start-150x150.jpgca-labエアラインに合格する人とは(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 正しいスタートを切るために これからエアライン就活準備を始める方やなかなか結果の出ない方へのアドバイス。 ”現状の把握”についてお伝えします。 例えば、皆様が”日本列島縦断の旅”に出るとします。 最初にすることといったら、ゴールを決めますよね。そして、地図を見ながら、自分の居場所からどのルートを通るのが一番いいか考えながら、コースを選択することだと思います。 エアライン受験もこれと同じ。 現状の把握から目をそむけない 客室乗務員になろうと決めたら、どこから出発するのか、まず自分の居場所を確かめます。 あの心理学で有名なマズローは、「自己実現に必要な資質は、自分自身に対して完全に率直で客観的になれることだ」と記したそうです。 何かを達成したいと思ったら、自分というものを冷静な視点で分析し、見極めなくてはいけません。 例えば、英語。 英語は苦手と、ついつい準備が後回しになっていませんか? 例えば、自己分析。 やることが多そうで面倒くさそう。できるならやりたくない。 本来なら最初に手をつけなくてはいけないのに、やり方がわからないから放置していませんか? その他にも、年齢や経験者か未経験者の違いなどで直近の目標をエアライン合格にするならば、最良なコースもそれぞれ違ってきます。 今、自分はどれくらい力があるのか?目的地まで行くのに必要なものは何か?それから割り出される最短ルートはどれか?現状の把握は、カーナビに目的地や情報を入れて、最短最速ルートを知ることに似ています。 このスタート地点の見極めをやらないのは、マニュアルで目的地を探そうとしていることと同じ。 効率的なエアライン就活準備をするために 車を運転するのに、カーナビ装備なく地図を見ながら目的地にたどり着くことほど大変なことはありませんよね。 ナビに頼らず見切り発車をすると、いきあたりばったりで結局何度も車を止めて、地図を見返す。 本当に目的地につけるのだろうかと、心配になります。これと同じ事が、エアライン受験準備をしていても起こるのです。 なので、エアライン受験準備をスタートさせる際は是非客観的に自分を見つめ、どこを目指すのか?それには何が必要か?自分には何が足りないのかという情報を自分の脳というカーナビにしっかりインプットしておきましょう。そしてそれに従ってひたすら動くのです。JAL・ANA・KL・UA・BA独学合格経験を持つ元外資系CAの就活合格術