【エアラインCA受験準備】自己分析が行き詰まる原因と対策

自己分析(本質分析)
自己分析(本質分析)
ご訪問ありがとうございます♪
自己分析でエアラインCA独学合格!
CAラボのブログ初めましての方は
こちらを読んで頂けると嬉しいです(^^)
↓↓↓
エアラインCA独学合格を目指す方へ

どんな人が書いてるの?と思われた方は
↓↓↓
CAラボのプロフィール

自己分析がうまくいかないで行き詰まっている状態です。是非アドバイスを下さい!

自己分析をやってこんなことに悩んでいませんか?

①自己分析のやり方がこれで合っているのか不安
②自己分析をやればやるほど自分がわからない
③自己分析をどこまでやればいいのかわからない
④どうやってまとめたらいいかわからない

今回は、足踏み状態から抜け出せるよう自己分析で行き詰まる原因と対策をお伝えしていきます。

自己分析で行き詰まる原因

自己分析は他の受験生と差別化するための一番有効な手段です。

私自身エアライン5社の合格体験で実体験したからこそ、お勧めしています。

でも行き詰まるのは、辛いですよね。作業をちゃんとやっているつもりでも、成果がでないとなおさらです。

CAラボ
CAラボ

あなたは就活の自己分析は何の為にやっていますか?

自分の本質をつかむため
自分を知るため
強みや弱みを見つけるため
自己PRや志望動機を作る為

などなどすべて就活のためですよね。

行き詰まりやすい3つの原因

自己分析がうまくいかず、行き詰まってしまう原因は主に3つ

✔考えすぎ
✔CAに関する固定観念
✔自己分析の方法がわからない。

これらを解決すれば、自己分析で成果を出すことができます♪

以下解決法です。

自己分析で成果を出す3つの対策

考えすぎには要注意

やればやるほど自分がわからなくなる(>_<)

一体どこまで深掘りすれば良いの?

自己分析の作業を完璧にこなしたい!という思いが強くなると、考えすぎてわからなくなってしまいやすいです。

中には私らしさとは?私にとって仕事とは?働くとは?などを考えることもあります。これはこれで普段余り意識しないようなこと深く考える良いチャンス。

でもここでやる自己分析は、あくまでも就活の為

今現在持っているあなたの、スキル、性格、考え方、価値観などを相手にわかりやすいよう言葉で伝えなくてはなりません。

ですので、答えがでなさそうなこともある程度割り切ることが必要です。

就活のための自己分析のゴールは

エアラインCA採用試験で自分をPRする内容を言語化する。

これをまとめあげることができれば、それでOKです。

そのために自己分析を何の為にやるのか?その目的とゴールは何かをもう一度確認しておくと良いですよ。

以下の記事でも自己分析の目的をお伝えしていますので、参考にしてください。

エアラインCAになるための自己分析とは?3つの効果で合格力UP
自己分析をやった方がいいですか?エアラインCA合格に効果がありますか? エアラインCA合格に自己分析が必要な理由 CAラボ これまでの経験から自己分析はやった方が効率的にそし
固定観念がないかチェック

自己分析をやってはいるものの、これで良いのか?不安になりやすいですよね。

まとめた内容がしっくりこない。こんなんで大丈夫かな?と悩む方は”固定観念”がないか確認するといいです。

CAラボ
CAラボ

”こんな人がCAに受かりやすい”というイメージ像を持っていらっしゃいますか?

”客室乗務員に受かりやすい人”というような固定観念を持っている方は、そこにあてはめようとする傾向があります。

これだと行き詰まる可能性が高いです。

なぜなら思いこみで出来上がったCA像に、自分の全てを当てはめようとするからです。

そこまで強みでなくても、さも強みのように伝えてしまう。

本来ならば、その人にはもっと素敵な強みがあるにもかかわらずです。

”思いこみのCA像”に自分を近づけようとして、本来の自分が見えてこず違和感を感じる可能性もあります。

CAラボ
CAラボ

あなたの”合格しやすいCA像”はどのようにして出来上がったモノですか?

「受かりやすい人に当てはめて、自分を伝える」これはやり方としては合っています。

けれども「受かりやすい人」というのは巷で言われているようなものではなく、自分なりに考えた結果であることが必要なんです。

例えば、エアライン業界研究や企業研究などから得た知識からそのエアラインが求めているCA像というものは一体どんなものかを考え抜くこと。

そしてそこから、自分はどの部分で貢献出来るのか?何が活かせそうか?と当てはまる部分を選んで行くのです。

一般的に言われている合格しやすい人というのは、ものすごく薄っぺらいんです。だから、浅いアウトプットしか出てこないので、違和感を感じてしまいます。

「CAに受かりやすい人」の根拠はどこから来ているのか?もういちど確認してみましょう。

業界・企業研究で得た情報を基にした”そのエアラインの客室乗務員として求められる人材像”に自分を当てはめればあなたらしさを存分に伝えられます。

あなたにしかない魅力をアピールするための秘訣です。

自己分析のやり方を知る

行き詰まる悩みをすべて解決するためのとっておきの方法は、効果のある自己分析のやり方を知る事です。

考えすぎることなく、固定観念にもとらわれず、着実に成果のあるアウトプットが出せる自己分析のやり方を身につけると良いです。

具体的なやり方は、以下記事でお伝えしています。

効果アリ!エアラインCAになるための自己分析のやり方とおすすめ教材

まとめ

いかがでしたでしょうか?

自己分析は悩み出すと、禅問答のように答えのないループに陥ってしまうこともあります。

そして、質の高いアウトプットを出すためには正しいノウハウを理解する事も必要です。

それが、エアラインCA合格に近づくためのコツでもあります。

納得のいく自己分析ができますように!

エアラインCA独学合格のための自己分析をやるなら

あなたも、自己分析で行き詰まらずにしっかりと成果が出せるようになりますよ♪

しかも独学でエアラインCAに合格出来る力がついてしまいます。

それが、”エアラインCA合格のための自己分析”です。

CAラボオリジナル自己分析ができる「オンラインCA独学合格動画講座」をご用意しています。

自己分析ワークの設問に沿って回答していけば、最終的に差別化されたあなたならではの自己PRや志望動機が出来上がるようになっています。

なので迷うことなく成果を出すことができるのです。

しかもオンライン動画なので、お忙しい方や不規則なお仕事をしていてもご自分のペースで取り組めます。

さらに、自己分析で得た情報を効果的にアピールするための面接ノウハウもお伝えしていますので、面接対策までできてしまいます♪
すでにこのオンライン動画講座で学んだ方から、エアラインCA独学合格のご報告も頂いています。
JAL・CA合格受講生の方の声

自分らしい回答ができないことに悩んでいました。自己分析講座で十分な対策ができると確信したので、結局その後(スク-ルには)一度も行きませんでした。(続きを読む)

スクールなどに通えば学費が数十万円するところもあるとか(>_<)

すでに合格実績がありエアライン受験準備が一通り出来てしまうのに、お値段は非常にリーゾナブル。

動画講座を受講された方達から頂いた感想です。

自己分析のワークは自己PRや志望動機に繋がる仕組みになっていたので、方向性を見失わずに自分のペースで取り組むことができました。今まで曖昧であった自己像を言葉で表現できた時には、とても感動しました。(JAL既卒合格)

まずはエアライン受験に関して一通り信頼できる情報を得られる事が大きかったです。ネット上では沢山情報があふれていますが何を信じていいのか迷いが生じると思います。しかし先生のオンライン講座では自己分析をとても大切にしており、やはり実際の面接でも自己分析を一度ちゃんとしたかどうかが合格に大きく影響すると感じました。続きを読む>>>(シンガポール航空合格)

「オンラインCA独学合格動画講座」詳細はこちら>>>

タイトルとURLをコピーしました