独学CA合格目指す「CA合格!オンライン動画講座」

フィンエアCA合格!外資系エアラインCA最終面接突破するコツ

エアラインCA 合格Story
エアラインCA 合格Story

オンラインエアラインスクールCAラボの「フィンエア合格対策&外資系エアライン英語面接対策講座」をご購入頂いた方より、フィンエア合格のご連絡を頂きました!

フィンエアCA合格するためにどのようなことをしてきたのか?合格する為には何が必要か?また必要ではなかったことなどもシェアしていただきましたので、ご紹介させて頂きますね。

特に外資系エアラインの最終面接までは行くけれど、最後が超えられないと言う方は是非ご覧下さい。

フィンエア内定までにどのような準備をしましたか?

フィンエアーのHP、SNS、フィンエアーに関する記事などから企業研究
山岡様のフィンエアー対策、外資系航空会社対策を拝見し、フィンエアーの求める人材像と ”Can・Will・Fit”を意識し、自身の経験や強みをどのように活かせるか考えました。
KLMの最終でなぜ落ちたか振り返り、それを改善できるようにしました。(例えば、緊張で自分らしさが出ていなかったり、回答に自信がなかったり、相手が求めている答えを分かりやすく論理的に伝えられていない部分があったと感じたので、それを意識しました。)
ビデオ面接は、自宅だと余計な背景が映ってしまうので、合否に影響はないかとは思いますが念のため、貸しスペースを借りて実施しました。

フィンエアの試験で気をつけたこと

上記内容に加え、なぜ多数の候補者の中から自分を採用するとよいのかを考えました
自分を良く見せようとせず、ありのままの自分で、感謝の気持ちをもって面接に臨みました。
グルーミング(”これでいいか”ではなく、自分に合ったヘアメイクやスーツを選ぶこと。)

外資系エアラインを目指す方へのアドバイス。( やったほうがいいこと。やらなくていいことなどもあれば。)

 【やった方がいいこと】
未経験の方も採用されていますが、できれば航空会社やホテルなどホスピタリティのお仕事の経験。オフィスのお仕事でも、crewの仕事に通じるようなスキルを磨くこと。
外資系エアラインでは、面接官と英語で意思疎通を図り、自分の意見を相手に伝わるように説明できなければならず、更にいえば、入社の手続きや入社後には英語でcrewやお客様とコミュニケーションをとっていく必要がある為、最低限、英語での英語でのコミュニケーションスキルを磨いておくことは大切かと思われます。
素晴らしいお人柄、ご経験があるにも関わらず、英語力不足のために、それが伝わらないのはもったいないと感じました。
また、英語が話せればよいというだけではなく、もし可能であれば、国内や海外でも、多国籍・多文化な環境に身を置いて、考え方や価値観、文化、仕事に対する姿勢など、様々な「違い」を経験し、そこから何を学び、どう仕事や日々の生活に活かすかというところも大切なポイントかと思われます。日本は良い部分でも、そうでない部分でも、非常に”ユニーク”であると感じています。
 その違いを理解し、接するお相手や状況に応じて、柔軟に自分自身を変化させていけるという点は強みになるかと思われます。
 【やらなくていいこと】
個人的に感じるのは、TOEICの点数を上げるためだけの勉強。TOEICの点数が高い=実際に仕事で英語を使えるとは限らない。
 募集要項に記載があれば、基準をクリアするために点数を上げることは大事ですが、そうでなければ、英語を実際に使うことの方が大切かと思いました。

フィンエア合格のコツ

お忙しい中、快くシェアして下さってありがとうございました。ここでお伝え下さった内容は、まさに外資系エアラインCAになるために必要な事ばかりです。

他エアラインで最終面接まで通ったということは、ある程度基本的に求められる資質などはクリアされています。

あと一歩の所で何かが足りなかったので、結果に繋がらなかった。その「何か」をフィンエアではしっかりとご自分で対策を考え対処したことが、今回の合格に繋がったのではと思います。

これまで外資系エアラインCA最終面接までは行くけれど最後が突破できないという方、これまでのご自分の面接を振り返って見てください。

原因は、人それぞれです。これまでの貴重な受験経験から是非ご自分の課題を見つけ、次のチャンスに繋げていくようにしましょう。

課題を見つけそれを克服するための方法は以下の講座でわかります。

外資系エアライン英語面接対策講座
エアライン独学CA合格講座シリーズ4

フィンエア受験対策に特化した講座(上記の講座+フィンエア受験情報)

FINNAIR合格対策
企業研究から面接対策まで