客室乗務員のトランスファー事情

私は過去に二回エアラインのトランスファー(業界内転職)をしました。このトランスファーをすることは、珍しいことでなく、理由は様々ですがとくに契約制などで数年で辞めなくてはならず、やむを得ず違うエアラインに移って2社目3社目という人も業界内では多いです。

経験者が有利な場合も

現役客室乗務員や元客室乗務員の方で、新たなエアラインに転職を希望する方もいらっしゃると思います。 現役もしくは経験者は有利なこともあります。 ANAグループのエアージャパンは、経験者しか採用しません。日系エアラインだけでなく外資系エアライン出身者も幅広く採用しているようです。また、特に立ち上がったばかりの航空会社やなかなかありませんが、初めて日本人を採用するエアラインなども狙い目です。

エアライン転職の極意

極意というとおこがましいですが、現役客室乗務員からトランスファーをした際に私が心がけたこと。

「相手の意表を突く。」

私がトランスファーを経験したのは2回。採用面接官が日本人の場合、特に意識しました。

1回目は、すべて採用担当の方がアメリカ人だったのであまり意識はせず成田ベース初オープンで経験者が欲しいということを聞いていたので、私は客室乗務員の経験とスキルを全面にアピールしました。

2回目は、最初だけ日本人面接官、その後は常に日本人、イギリス人両方いらっしゃいました。そして、この「相手の意表をつく」を頭にいれ受験。私の場合、相手が持っているであろう典型的なアメリカの客室乗務員のイメージを覆すように、ここでもスキルや経験はアピールしましたがニュートラルな自分をこころがけました。

ニュートラルを意識

理由は、その会社の社風に合わせられます!ということを一番に伝えたかったからです。

大手エアライン経験者が、LCCの採用試験で不採用になることがあると聞きます。一見、フルサービス経験者なので有利?と思われるかもしれませんが、社風に合わないと判断された可能性も充分考えられます。ケースバイケースになりますが、このように現在乗務している会社のカラーは出さない方が無難なときもあります。

企業研究は大事

その判断は、やはり企業研究です。どのような人財を求めているのかしっかりと把握しながら、受験するエアラインが現在乗務している会社や客室乗務員のイメージもどう捉えているかまで考え戦略を立ててください。そこから何を全面にアピールするかを決め、受験する会社が欲しい人材になりきってみてくださいね。

そして、頻繁に採用活動をしていないような外資系エアラインには履歴書を送ってみるのも一つの手です。これは未経験者の方にも有効です。その際、あなたのその会社に入りたいという熱意ともし採用活動があれば是非知らせて下さい!というカバーレターを添えて。 ちゃんとしたところでしたら、そういうレターは保管されています。もしかしたら、採用活動に関する連絡が来るかもしれません。移り変わりの激しい特に外資系エアラインは、何が起こるかわかりませんから!

スケジュールが合わなかったら

また、エアライン間の転職はフライトの合間に受験しなければならずスケジュール調整がとても大変です。万が一フライトと面接日が重なってしまった場合ダメ元で、正直に伝えれば可能な限り変更してもらえることもあります。 そのときは受験をあきらめないで、とりあえずチャンスをつなぐために聞いてみましょう!私はこのダメ元で、2回助けられました。

現役/元CAトランスファー(業界内転職)成功の極意https://ca-lab.link/wp-content/uploads/2017/08/Flight-Attendant-Secrets-DIRTY0316-580x363.jpghttps://ca-lab.link/wp-content/uploads/2017/08/Flight-Attendant-Secrets-DIRTY0316-150x150.jpgca-labシチュエーション別アドバイス(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 客室乗務員のトランスファー事情 私は過去に二回エアラインのトランスファー(業界内転職)をしました。このトランスファーをすることは、珍しいことでなく、理由は様々ですがとくに契約制などで数年で辞めなくてはならず、やむを得ず違うエアラインに移って2社目3社目という人も業界内では多いです。 経験者が有利な場合も 現役客室乗務員や元客室乗務員の方で、新たなエアラインに転職を希望する方もいらっしゃると思います。 現役もしくは経験者は有利なこともあります。 ANAグループのエアージャパンは、経験者しか採用しません。日系エアラインだけでなく外資系エアライン出身者も幅広く採用しているようです。また、特に立ち上がったばかりの航空会社やなかなかありませんが、初めて日本人を採用するエアラインなども狙い目です。 エアライン転職の極意 極意というとおこがましいですが、現役客室乗務員からトランスファーをした際に私が心がけたこと。 「相手の意表を突く。」 私がトランスファーを経験したのは2回。採用面接官が日本人の場合、特に意識しました。 1回目は、すべて採用担当の方がアメリカ人だったのであまり意識はせず成田ベース初オープンで経験者が欲しいということを聞いていたので、私は客室乗務員の経験とスキルを全面にアピールしました。 2回目は、最初だけ日本人面接官、その後は常に日本人、イギリス人両方いらっしゃいました。そして、この「相手の意表をつく」を頭にいれ受験。私の場合、相手が持っているであろう典型的なアメリカの客室乗務員のイメージを覆すように、ここでもスキルや経験はアピールしましたがニュートラルな自分をこころがけました。 ニュートラルを意識 理由は、その会社の社風に合わせられます!ということを一番に伝えたかったからです。 大手エアライン経験者が、LCCの採用試験で不採用になることがあると聞きます。一見、フルサービス経験者なので有利?と思われるかもしれませんが、社風に合わないと判断された可能性も充分考えられます。ケースバイケースになりますが、このように現在乗務している会社のカラーは出さない方が無難なときもあります。 企業研究は大事 その判断は、やはり企業研究です。どのような人財を求めているのかしっかりと把握しながら、受験するエアラインが現在乗務している会社や客室乗務員のイメージもどう捉えているかまで考え戦略を立ててください。そこから何を全面にアピールするかを決め、受験する会社が欲しい人材になりきってみてくださいね。 そして、頻繁に採用活動をしていないような外資系エアラインには履歴書を送ってみるのも一つの手です。これは未経験者の方にも有効です。その際、あなたのその会社に入りたいという熱意ともし採用活動があれば是非知らせて下さい!というカバーレターを添えて。 ちゃんとしたところでしたら、そういうレターは保管されています。もしかしたら、採用活動に関する連絡が来るかもしれません。移り変わりの激しい特に外資系エアラインは、何が起こるかわかりませんから! スケジュールが合わなかったら また、エアライン間の転職はフライトの合間に受験しなければならずスケジュール調整がとても大変です。万が一フライトと面接日が重なってしまった場合ダメ元で、正直に伝えれば可能な限り変更してもらえることもあります。 そのときは受験をあきらめないで、とりあえずチャンスをつなぐために聞いてみましょう!私はこのダメ元で、2回助けられました。JAL・ANA・KL・UA・BA独学合格経験を持つ元外資系CAの就活合格術