置かれた場所で咲きなさい

以前、頼まれものの本を買いに、日本橋の丸善さんに行ってきました。 そのときにぱっと目に入ってきたタイトル 「置かれた場所で咲きなさい」


時間がなくて残念ながら手に取ることはできませんでしたが、このタイトルとてもインパクトがありました。

なぜなら、新卒入社間もないOLからエアラインに転職をするかどうかで悩んでいたとき、同じようことを会社の同期から言われたからです。

同期のアドバイス

「まず、今自分のいる状況を充実させないと、どこいってもすべてが中途半端で終わっちゃうよ!」

六大学野球で活躍してきた彼は、きっとその陰で様々な努力をしてきたのだと思います。 彼はこう続けます。 俺たち入社したばかりじゃん、まだ、何の仕事もできないし、してないよ。 職種は違うけれどコピーとりだって きれいにできるコピーとりなら山岡ちゃん おいしいお茶を入れてもらうなら山岡ちゃん なんでもいいからその道で一番になるくらいがんばれよ。 それから次のことを考えても遅くないよ。

彼の言葉にはとても含蓄があり、 今の状況が思っていたのと違ったけれど、この状況を選んだのは自分。 その自分の選択から逃げようとしていたことに気付きました。 逃げるのは簡単です。さっさと仕事をやめればいいのですから。 でも、そうやっていくと”逃げの人生”になってしまう。 それは絶対いや!と強く思いました。

楽しみを見つける

それから、まず自分の置かれた状況で色々なことを学んで吸収しよう! どこでそれが役に立つかわからないけれど、絶対に無駄なことはない!と考え直しOL生活楽しみました。

見えるものが違って来る

仕事にもハリが出ました。慣れていないのと手際の悪さで、毎日残業続きでしたがいかに効率的に事務作業をこなすかを考え、先輩にアドバイスを聞いたり自分で工夫しました。これまで受け身で仕事をしていたのが、自分から積極的に行動するようになったのです。

気持ちや考え方が変わると本当に周りの風景が違って見えたのは不思議です。 それまでまわりが白黒に見えていたモノが急にカラーになった感じ。環境や一緒に働く人に恵まれているなぁということにも気付きました。

点が線に

私は、1年間のOL生活の後客室乗務員になりました。その後17年近くフライト生活をしたのですが、振り返るとこの最初のOL経験は本当にやって良かったと思っています。といいますのも機内で出会うビジネスのお客様との会話の糸口になったりニーズに気付くきっかけに役だったからです。

このことから様々な経験はそれぞれ今は点にしか見えないかもしれないけれど、振り返るとそれが繋がって線になる。スティーブジョブズのスタンフォード大での卒業式スピーチの『Connecting the dots』まさにこの状態です。すべての経験は無駄では決してありません。必ず点が結びつくことに気付きます。

本屋さんで目に入った何気ないタイトルから、同期のアドバイスを思い出し楽しく働いた日々を懐かしく感じながら家に帰りました。 CAを目指している皆さまも是非、今の状況を思いっきり楽しんでくださいね。 振り返ると点が繋がっていることに気付くときが来ます。



 

CAに転職するために今すべきことhttps://ca-lab.link/wp-content/uploads/2017/10/affabdf970cc04180d42472786fa570c_s-580x387.jpghttps://ca-lab.link/wp-content/uploads/2017/10/affabdf970cc04180d42472786fa570c_s-150x150.jpgca-lab既卒受験準備(adsbygoogle = window.adsbygoogle || ).push({});  JAL・ANA・KL・UA・BA独学合格経験を持つ元外資系CAの就活合格術