【エアラインCA受験準備診断チェック】エアラインスクールに通わない独学型

「エアラインCA独学合格」CAラボのブログへようこそ
独学?スクール?診断チェック

エアラインスクールに通わない独学派だった方

エアライン受験準備無料診断チェックはこちらでできます。

診断で独学派になった方はエアライン受験準備に関して、独学で準備されることをオススメします。 まず客観的にエアライン受験に関して独学のメリット・デメリットを把握しましょう。

独学のメリット

金銭的な負担が軽い大学生活やその他の活動を楽しむことができる。
社会人の方は自分のペースで準備できる。
面接で個性が伝わりやすい

独学のデメリット

一人で準備するのでモチベーションをキープするのに苦労する
正しい方向性で準備がちゃんとできているのか不安
面接の回答や書類などの添削をしてもらえない
「型にはまったエアラインCA就活生」ってどんな人?その原因と対策は?
エアラインCAを目指す方に多いと言われている”型にはまった受験生”エアラインスク-ルに通われている方だけでなく独学で準備をしている方も注意が必要です。その原因と対策法をお伝えします。

アドバイス

独学派はエアラインスクールに頼らず独自の力で準備したい、また金銭的に負担したくないという方です。

実際独学でCA合格した人は、独自に努力して合格を勝ち取るので自分に自信がつきとてもよい成功体験になります。

ただ、独学派の方は受験中一人で準備するのはノウハウがわからないために不安になりやすいので、 常に自分のやっていることが合格に繋がるという確信を持って、いかにモチベーションをキープするかが鍵になります。

いかがでしたか?診断結果はあくまでも目安です。

併せてどうぞ
エアラインスクールに行かないでCA合格するためのコツ
客室乗務員を目指して独学で準備をしている人の中には、エアラインスクールに通っていないから自分は不利ではないか?と考える方もいらっしゃるのではないでしょうか?そこで自分の独学合格経験を基に、独学でエアライン採用試験に臨まれる方へのアドバイスをお伝えします。
独学合格した人の具体的な準備法がわかります。
【JAL・ANA 既卒CAダブル合格】自力でCAの夢を叶えた合格Story(体験記)
このブログは、エアラインスクールに通わずJAL・ANA・英・米・欧系エアライン3社に合格した私自身の経験を基に客室乗務員に合格する方法をお伝えしていますが、先日、嬉しいメールを読者の方からいただきました! それはJAL、ANA既卒客室乗務員ダブル合格をして、その際ブログがとても役に立ったとのお礼のメール。