エティハド航空CA合格するための企業研究や受験対策

「エアラインCA独学合格」CAラボのブログへようこそ
CA就活準備編CA採用面接対策編エアライン企業研究外資系エアライン

「アブダビを世界に」と2003年に結成された、アラブ首長国連邦のフラッグキャリア、エティハド航空 。

同じUAE(アラブ首長国連邦)のドバイに本拠を置くエミレ-ツと似ているので、違いを見つけるのが難しいと感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回はエティハド航空CA合格するための企業研究や受験対策をお伝えしていきます。

*記載以外はすべてエティハド航空のHPより引用しています。

エティハド航空について

ミッション

Our mission is to transform the travel industry through creativity and innovation, but it’s our people that really make us who we are. We’re looking for highly-focused, committed people to help us achieve our dreams, but we’re just as committed to helping you achieve yours. HPより引用私たちのミッションは、創造性と革新を通じて旅行業界を変革することですが、私たちを本当に作っているのは人々です。 私たちは、私たちの夢の実現を支援してくれる、非常に熱意ある献身的な人材を求めていますが、あなたの夢の実現を支援することにも同じように取り組みます.)

その他


設立     :2003年7月
設立時の代表 :
ハリーファ・ビン・ザーイド・アール・ナヒヤーン(第二代アラブ首長国連邦大統領)
CEO     :トニ-ダグラス(2018年~)
ハブ空港   :アブダビ国際空港アラブ首長国連邦(Abu Dhabi International Airport, UAE)
保有機材   :エアバスとボ-イング100機以上
就航地    :67都市43カ国(2022年8月時点
アライアンス :加盟していない

最近のAwards(受賞歴)

  • Apex Passenger Choice Awards 2022
  • Environmental Airline of the Year 2022
  • Best Cabin Crew & the Best First Class /the Business Traveler Middle East Awards 2022
  • Industry recognition /Aviation Achievement Awards 2022
イギリス・スカイトラックス社による航空会社の格付け実質最高評価の「ザ・ワールド・ファイブ・スター・エアラインズ(The World’s 5-Star Airlines)」の認定を過去に得ていたが、2019年5月に4スターエアラインへの降格が決まった(wikipediaより)けれどもスカイトラックスの評価に不満があるとして自ら格付けを辞退すると発表した。

エティハドCA採用試験について

応募資格

エティハド航空のCA採用でどのような人を求めているのか、応募資格を確認してみましょう。

  • Minimum of 21 years of age at time of application (応募時に21歳であること)
  • Minimum height of 165cm (you will also need an arm reach of 212 cm while standing on tiptoes)(最低身長165cm、素足で背伸びしてア-ムリ-チ212cm)
  • Able to inspire our guests through innovative hospitality(革新的なおもてなしを通じてお客様にインスピレーションを与えることができる)
  • Fluent in English (written and spoken)(英語堪能:読み書き含む)
  • High school graduate (Grade 12)(高卒以上)
  • No visible tattoos while you’re in your Etihad cabin crew uniform (cosmetic and bandage coverings aren’t allowed)(エティハド航空の客室乗務員の制服を着ている間は、目に見える入れ墨はできません(化粧品や包帯の覆いは許可されていません)
  • Comfortable to work irregular hours and on a roster(不規則な時間や変則的なスケジュ-ルに合わせて働ける人)
  • Positive, confident, flexible and friendly(ポジティブ、自信、柔軟、フレンドリー)
  • Passion for travel and adventure(旅行と冒険への情熱のある人)
  • Can adapt to new people, new places and new situations(新しい人、新しい場所、新しい状況に適応できる人)
  • Thrives in a fast-paced and changing environment(ペースが速く変化する環境に付いていける人)
  • Excellent personal presentation, style and image( 優れたパ-ソナルプレゼンテ-ション、スタイル、イメージなど)
  • Ensure onboard safety and follow all procedures(機内の安全を確保し、すべての手順に従える人)

加えて
3つのスキルが必要です。

  • Communication Skills – Excellent 
  • Customer Orientation – Excellent
  • English Language skills – Excellent

真ん中のCustomer Orientationとは顧客中心主義つまりお客様のニーズに応え、お客様に満足していただいたり役に立つことが出来る人のことです。

試験の流れ

採用プロセス
  • Step1
    応募Application
    レジメ(CV)をオンラインで提出
  • Step2
    AD(Assessment Day)
    ア-ムリ-チチェック、英語テスト、グル-プワ-クなども含む
  • Step3
    FI(Final Interview)
    最終面接
  • Step3
    合否通知

面接について

面接の中のプロセスは3つのステ-ジがあります。

*内容や順番はHPや過去の受験内容を参考にしています。同じ流れになるとは限りませんのでご注意ください。

1次面接

CVの内容の簡単な確認、ア-ムリ-チ、Tatooや傷などの確認、Topic Talkなど

TOPIC TALKは、好きなカ-ドをピックアップしてそこに書かれている”Word”について自由に発言するという内容もあったそうです。

Wordは例えば

money
social media
camera
travelling
internet
microphone
telephone
laptop
water

2次面接

グル-プワ-ク、グル-プディスカッション

シナリオやお題に沿ってチ-ムで問題解決します。

最終面接

個人面接

エティハドCA合格受験対策

書類選考に通過するためのレジメ(英文履歴書)作り

外資系エアラインの場合、まずCV(英文履歴書)を用意しなければなりませんが、ATS(Applicant Tracking System)というのを聞いたことがありますか?

最近、欧米や中東系などの航空会社は、ATS(Applicant Tracking System)を使って、あらかじめコンピュ-タ-上でスクリ-ニングをしているところが増えてきているそうです。

100%その機能に頼っているのかどうかはわかりませんが、対策法など気になるところですよね。

CA受験カウンセリングでレジメのアドバイスもしていますが、これまでお伝えしてきた内容で通過しているところを見ると本質的な所は変わっていません。

レジメの基本の型は以下の記事でご紹介していますので参考にしてください。

外資系エアラインの客室乗務員に合格する為の英文履歴書の書き方
外資系エアラインの書類選考という最初の関門を突破するためには、目に止まるようなレジメが必要です。そこで、今回は外資系エアライン3社に英文履歴書を提出して全て合格した元CAが英文履歴書の書き方と書類選考に通るコツなどをお伝えしていきます。

また、大切な事は客室乗務員の仕事や役割を理解しているレジメを作ること。

希望する職種に合った、ここでは客室乗務員職ですがアピ-ルがしっかり伝わる中身にすることです。

日本の履歴書と同じように書いていたら、アピ-ル不足になるかもしれません。

しっかり「私はあなたのエアラインで客室乗務員として働けるスキルや資質を持っています。」ということをレジメでもアピ-ルすることが大切です。

なぜエティハド航空なのか?という志望動機

エティハド航空は、エミレ-ツと似ているので志望動機を伝えるのも難しいですよね。

「それだったらエミレ-ツでも良いですよね。」と面接官に思われてしまうような抽象的でどちらともとれるような内容ですと説得力に欠けてしまいます。

似ているだけに、エティハドしかないという明確な理由が必要です。そのあたりを探しながら企業研究を深め、自分なりの回答を盛り込んだ内容にしましょう。

アピアランスにも気をつけて

応募資格に、Excellent personal presentation, style and imageとあるように、見た目も非常に大切な要素となります。

受験当日は、服装などの指定もあるようなのでそれに従ってサ-ビス業にふさわしい清潔感のあるみだしなみで臨みましょう。

英語力は必須

応募資格の中の3つのスキルの中に、英語が入っています。

訓練も、フライトもコミュニケ-ションがすべて英語なので、最低限相手の言っていることを理解して、自分の伝えたい事が英語にできるレベルが必要です。

そのために受験中、Topic Talkやグル-プワ-ク、英語のテストなどでチェックされます。

最終的には、ファイナルインタビュ-が鍵。

外資系エアラインの最終面接スキルアップについては以下の記事をどうぞ。

外資系エアラインの英語面接スキルをアップさせる方法
外資系エアラインの客室乗務員を目指して準備しているとき、自分の英語力をもっともっと上げたい!と思いますよね。特に英語面接で使う英語力を効率的にUPさせたい!という方にアドバイスです。

まとめ

HPの中にエティハドのビジョンが書かれていました。

The airline seeks to reflect the best of Arabian hospitality – cultured, considerate, warm and generous – as well as enhance the prestige of Abu Dhabi as a centre of hospitality between East and West. Our goal is to be a truly 21st century, global airline, challenging and changing the established conventions of airline hospitality.(エティハド航空は、文化的で、思いやりがあり、温かく寛大なアラビアのおもてなしを反映し、東洋と西洋のおもてなしの中心地としてのアブダビの威信を高めることを目指しています。 私たちの目標は、航空会社のホスピタリティの確立された慣習に挑戦し、変化させる、真に 21 世紀のグローバルな航空会社になることです。)

エティハド航空に入社すると、アブダビがベ-スとなります。アブダビは世界の中でも、最も安全な町の1つにはいるそうです。しかもドバイに比べると物価も安く、お金を使わないので貯金ができるとか!

 

以前、UAEのお隣の国オマ-ンへ旅行したときに現地のガイドの方が、自分のアイデンティティは1:イスラム教徒2:オマ-ン人3:アジア人と言っていました。中東は、アジアに含まれているんですね。その時初めて知りました。

 

東洋と西洋のおもてなしの中心地とありますが、アジアとヨ-ロッパでは求められるサ-ビスもまた違って来ます。

 

西と東を融合させた多様性のあるサ-ビスが身につけられるのは、エティハド航空を始め中東エアラインの特徴です。