外資系エアラインCAに独学合格するコツ

外資系エアライン
ご訪問いただきありがとうございます!
この記事を書いた人
CAラボ

➤英欧米外資系エアライン3社乗務歴17年
➤JAL・ANA新卒独学合格経験を持つ
➤オリジナル自己分析によるエアラインCA就活サポート
☆日系エアライン既卒・新卒逆アピール合格者
☆JAL/ANA既卒・新卒3ヶ月以内のスピード合格者
☆日系/外資系CA・GSダブル、トリプル新卒合格者
などなど再現性の高いCA合格就活メソッドで実績
普段はソムリエの資格を持つノムリエ~(^^)

外資系エアライン(欧州系、アメリカ系、イギリス系)3社で乗務した元外資系CAがアドバイス。

エアラインスクールに行かないで外資系航空会社CAに合格するためのコツをお伝えします。

最初に、少しだけ私の自己紹介をさせていただきますね。

私は、欧州系、アメリカ系、イギリス系航空会社でCAとして17年間働いてきました。

いちばん最初の欧州系の航空会社受験は、新卒1年目一般企業で働いていたときです。

それまで接客などのサービス業経験はゼロ。

英語は高校時代1年間の留学経験と仕事で英語を使っていましたが、英語面接は初体験。

当時、TOEICの点数は795。

エアラインスクールには通わずに、自力で準備。

採用試験のグループワークで周りの受験生に圧倒され、一言も発言出来ませんでした。

けれども、ありがたいことに合格。

そこから17年間外資系エアラインでのCrew生活がスタート!

1社目の欧州系エアラインは4年契約で終了。

その後、運良くトランスファー(業界内転職)してアメリカの航空会社でFlight Attendantとして3年。成田から主にアジア、米国本土に飛んでいました。

そして、最後はイギリスの航空会社の日本人客室乗務員として成田-ロンドン間を乗務。

そちらでは約10年飛んでおりました。

このようなバックグラウンドを持った元外資系CAです。

現在は、この経験を活かしてエアラインCAを目指す方の就活をサポートしております。

またエアラインCA合格のためのエッセンスをブログに書いています。

外資系エアラインの採用試験の情報って意外と少ないですよね。

そこで今回は、これまで書いた記事をまとめたものをご紹介します。

一通り読めば、外資系エアラインの採用試験がどのようなもので何をやればいいのかがわかります。

参考になりますように!

外資系エアラインCAになるための基礎知識

ざっくりと外資系エアラインの試験ってどういうものか把握できます。

そこから何を準備していけば良いのかがわかります。

外資系エアラインCAになるには?試験の流れや合格対策
エアラインスクールに1度も通わず、欧米英の外資系エアライン3社1発合格経験を基に、初めて外資系エアラインの客室乗務員採用試験を受験する人が就活準備を始める際に知っておくと役に立つことをお伝えしていきます。

外資系エアライン用レジメ(英文履歴書)の書き方

レジメの準備は万全ですか?

外資系の航空会社は通常レジメをオンラインで提出。

ここでは、レジメの書き方を1から丁寧に解説しています。

また、通過しやすいポイントなどもお伝えしています。

外資系エアラインの客室乗務員に合格する為の英文履歴書の書き方
外資系エアラインの書類選考という最初の関門を突破するためには、目に止まるようなレジメが必要です。そこで、今回は外資系エアライン3社に英文履歴書を提出して全て合格した元CAが英文履歴書の書き方と書類選考に通るコツなどをお伝えしていきます。

アプリケーションフォームの注意点

外資系エアラインの客室乗務員採用時、オンラインで応募する際、記入するフォームがあります。

このアプリケーションフォームについて詳しくお伝えしています。

上手なアピールの仕方などもわかりますよ。

【外資系エアライン書類選考対策】アプリケーションフォームの注意点
英文履歴書もアプリケーションフォームも外資系エアラインの書類選考通過するためには工夫が必要です。英欧米系エアライン3社で乗務した元外資系CAがそのコツをお伝えします。

ビデオインタビューに関するアドバイス

最近は、対面の面接前にビデオインタビューを求める外資系エアラインが多くなってきましたね。

ビデオインタビューで気をつけるべき点や通過するために役立つ情報をご紹介しています。

【CA就活ビデオインタビュー対策】動画録画準備と通るコツ
エアラインCA合格するためのビデオインタビュー対策はお済みですか?CA合格する為に、ビデオインタビューに関する準備法や通るコツなどをお伝えしていきます。

外資系エアラインの英語面接対策

外資系エアラインはほとんど英語で採用試験が行われます。

最終試験は個人面接が多いです。

英語面接対策としてどのようなことを準備すればいいのかアイデアがわかります。

外資系エアラインのCAになるための英語面接対策
英欧米系の外資系航空会社3社で1次面接から最終までの英語面接を経て内定をいただいた経験を基に、外資系エアラインのCAに合格するための英語面接について知っておくと役に立つことと外資系エアライン英語面接対策がひとりでできる講座をご紹介します。

外資系エアライン英語面接ロールプレイ問題対策

外資系エアラインの採用面接で、こういう場合あなたはどう対処しますか?など、客室乗務員としての適性を見るための質問が時々あります。

この問題は答え方のコツを抑えておけば、スムースに回答出来ます。

ロールプレイ頻出の質問20個を使って丁寧に解説しています。

*こちらは外資系エアライン英語面接対策講座ご購入者のみ。
オンライン動画講座はこちらです。

外資系エアラインの筆記試験対策

外資系エアラインも筆記試験があるところがあります。

客室乗務員として仕事をする際に必要な「読み」「書き」「計算」などをチェックすることが多いです。

筆記試験はすべて英語ですので、出題傾向などを知っておくと安心です。

*こちらは外資系エアライン英語面接対策講座ご購入者のみ。
オンライン動画講座はこちらです。

外資系エアライン最終面接を突破するコツ

外資系エアラインの採用試験最後の難関”最終面接”

私は外資系航空会社3社ともコレを意識して最終面接に臨みました。

そして、そのことを受講生の方達にお伝えして効果が出ています。

*こちらは外資系エアライン英語面接対策講座ご購入者のみ。
オンライン動画講座はこちらです。

外資系エアライン企業研究と求める人材像

外資系エアラインCA合格者の声

【シンガポール航空CA合格!】独学エアライン初受験1発合格の理由
独学で人気エアライン受験に初めてチャレンジ。周りの受験生に圧倒されながらも、エアラインCA面接でなぜ合格する事ができたのか?その理由がわかります。
フィンエアCA合格!外資系エアラインCA最終面接突破するコツ
「外資系エアラインの最終面接が突破できない」そんなお悩みを持つ方へ、フィンエアCA合格した方から頂いたアドバイスをご紹介します。
【キャセイパシフィック航空CA合格】あきらめないで掴んだCA合格Story(体験記)
キャセイパシフィック航空の客室乗務員に見事合格されたAさん。2月からの訓練が決まったとの嬉しいご報告をいただきました。そんなAさんのキャセイパシフィック合格体験記をご紹介します。
【ベトナム航空CA合格】新卒でCA2社&GS1社合格体験記
Kさんは、大学4年の6月までアメリカに留学していました。最初にコンタクトしたのは、アメリカからでしたが帰国してCAになるための自己分析講座を受講後、ベトナム航空の日本人客室乗務員に合格したとの嬉しいお知らせを頂きました。そんなKちゃんのCA合格Storyです。

外資系エアラインについてこんなことが知りたい!というご質問がありましたらお気軽にどうぞ!

お問合せ

タイトルとURLをコピーしました