独学CA合格目指す「CA合格!オンライン動画講座」

エアラインCA合格!2つが揃うとうまくいく法則

元外資系CAのつぶやき
エアラインCA合格!2つが揃うとうまくいく法則

コロナ騒動の中で、エアライン業界は致命的なダメージを受けています。

世界のエアラインが元に戻るには2~3年かかると、多くの業界関係者や経済専門家の方が新聞やテレビのインタビューなどで語っているのを見ました。

その中で、ANAも社員の一時帰休や新卒採用の中断を決定。

外資系エアラインは採用活動をストップし、従業員のレイオフ(解雇)なども予定され拡大していくと予想されています。

エアライン業界は過去、911同時テロ、SARS、リーマンショックなど外的な要因で大きなダメージを受けています。

私は当時外資系エアラインの客室乗務員として現役で乗務していたので、これらのエアライン業界の状況をリアルに体験してきました。

これまでの経験から客室乗務員の仕事が今後どうなっていくのかはだいたい予想がつきます。

ただ今回は、今まで以上の影響があるとも言われていますので、具体的に今後何が起こるか誰もわからず未知数です。

それでも、今後しばらく新規採用のチャンスが減るというのは、誰がみても想像できますよね。

変わらないところもあるかもしれませんが、そのようなエアラインはかなり少ないです。

客室乗務員の採用があったとしても、数が少ないのでそこに多くの受験者が集まってこれまでよりも倍率はかなり上がるでしょう。

もしかして、「やっぱり」とこの時点でため息をついていらっしゃいませんか?

確かに厳しい状況ですがそういう中でも、受かる人は受かります。

あなたもそういう人になれば良いだけ。

これまでJAL・ANA、外資系エアライン3社合格体験でどのような人が客室乗務員に合格するのかを実際見てきました。そして、現在はその要素を基にしてCA合格者を輩出しています。

では、どういう人が客室乗務員に受かるのか?

それは「将来、自分が実現したいことに向かって行動している人」です。

ちなみに実現したいことは、「客室乗務員になる」ということではありません。

その先にある物です。

これがエアラインCAに受かる人のベースとなる要素です。

ここをどれだけ明確に設定できるかで、新型ウィルス収束後のCrew(乗務員)としての生活を楽しめるかどうかも変わってきます。

あとは、チャンスを掴むために就活スキルとメンタル(自分自身に対する自信)を磨くだけ。

しっかりと土台を築いた方は、この二つを揃えればどのような状況でもエアラインとのご縁を引き寄せます。

ですので、悲観せずやるべきことを淡々とやりチャンスを掴んでくださいね。

ちなみに、就活スキルとメンタルはこちらのオンライン講座で磨けます。

 

CAラボ受講生CA合格ストーリー

CAラボ講座受講者の方々のCA合格体験記をお伝えしています。

プロフィール
このブログはエアラインスクールに行かないで新卒時JAL、ANA、社会人となって英欧米の外資系エアライン3社に合格した私自身の体験を基に、客室乗務員になりたい!と言う方に向けたマンツーマン個別対応オンラインエアラインスクールCAラボの就活応援ブログです。