CAお役立ち英語フレーズ:機内でお酒に酔ったお客様に英語で一言!

CA 英語

アメリカの客室乗務員と飲酒ルール

 

パイロットや客室乗務員の飲酒のニュースがありました。

 

乗務員の倫理観が問われるところですが、客室乗務員やコックピットクルー(運航乗務員)の飲酒は、だいたい通常フライト12時間前から禁じられています。(国やエアラインによって違います。)

 

アメリカでは、on duty(仕事中)の乗務員に対してドラッグやアルコールなどのランダムチェックがあります。

 

私も、一度だけ、このチェックに遭遇しました。

 

フライト後、機内に係員が入ってきて名前を呼ばれてその人達は別室で尿を提出してチェックを受けます。

 

名前は呼ばれませんでしたがなぜか、悪いこともしていないのに小心ものでドキドキしたのを覚えています。

お酒に酔ったお客様に英語で一言

前置きが長くなりましたが、、、

 

今回はアルコール繋がりで、機内でお酒に酔ったお客様がアルコールをご所望されたとき役立つ英語のフレーズをご紹介します。

 

It appears you are intoxicated. (お酒に酔われているようです。)

 

”お酒に酔う”というとdrunkやtoo much alcoholなどがでてきそうですが、intoxicatedを使います。

 

You are drunk.だと表現がストレート過ぎるので、お客様が気分を害される可能性があります。そこで、intoxicated という単語を使います。

 

このフレーズ、アメリカのエアラインでのトレーニング中にアメリカ人の教官から、酔ったお客様に逆なでしないよう、やんわりアルコールサービスをやめる時に役立つと教えてもらいました。

 

飲み過ぎたお客様に少し時間をおくか、もしくはこれ以上アルコールのサービスが出来ないときにこのフレーズが使えます。

この記事を書いた人
自己分析専門Online School CAラボ山岡ゆり

就活のやり方がわからず、内定ゼロの落ちこぼれ就活前半から徹底的な自己分析でエアラインスクールに通わずJAL・ANA新卒合格。大学卒業後大手総合商社の営業アシスタントを経て、欧米英外資系エアライン3社1発合格し計17年間乗務。これまでの経験を基に、自己分析だけで最短最速CA合格する就活支援を行っています。

無料メールセミナー
このブログではお伝えしていないことなども不定期に発信しています。
CA 英語
エアラインCA自己分析Online School CAラボ