今が自分磨きのチャンス!日系・外資系エアラインCA必須スキル「英語コミュニケーション力」を磨きませんか?

【エアラインCA受験準備診断チェック】エアラインスクール併用派

独学?スクール?診断チェック
独学?スクール?診断チェック

エアライン受験準備無料診断チェックはこちらでできます。

エアライン受験準備診断で併用派だった方

エアライン受験準備に関して、独学とエアラインスクール併用されることをオススメします。

客観的なエアラインスクールとスクールに通わない独学エアラインCA就活準備のメリット・デメリットをまず把握しましょう。

エアラインスクールのメリット

業界情報を入手できる
同じ目的を持つ仲間がいる(複数人数で受講の場合)
元・現役CAからノウハウを効率的に学ぶ
CAの雰囲気に触れ、モチベーションをUPできる

エアラインスクールのデメリット

1クラスの人数が多い場合、自分が指導してもらえる時間が少ない    面接での受け答えや対応が画一的で没個性に陥りやすい         受かるタイプはこういう人と型にはめられやすい            金銭、時間の負担

独学のメリット

金銭的な負担が軽い大学生活やその他の活動を楽しむことができる。
社会人の方は自分のペースで準備できる。
面接で個性が伝わりやすい

独学のデメリット

一人で準備するのでモチベーションをキープするのに苦労する
正しい方向性で準備がちゃんとできているのか不安
面接の回答や書類などの添削をしてもらえない

アドバイス

自分に足りないところだけを把握して、その課題克服のためにピンポイントでスクールを活用するという併用派は、時間を有効に使え金銭的な負担を軽くします。

ただエアラインスクールをピンポイントで活用するには、まずご自分で合格するための課題発見をしなくてはなりません。

特に既卒でエアラインを目指される方は、新卒就活のように企業の面接を一時期にたくさん受験し自分の情報をアウトプットする機会が少ないので、それを補うための場としてエアラインスクールは最適です。

スクールのメリットを活かしながら、効率的そして短期間でエアライン受験に合格するために転職の三種の神器、自己PR、転職理由、志望理由をしっかりと準備し、スクールで情報のアウトプットをすれば面接での実力向上が期待できます。

そのためには、とりあえずスクール探しの延長でカウンセリングなどを受け話を聞いてみましょう。そして、本当に自分に必要かどうか吟味して決めることをオススメします。

診断結果はあくまでも目安です。

スクールに行っていない人の選考対策におすすめ
e-book -客室乗務員独学合格術-
JAL・ANA・外資系3社のCAに合格するために私がやったこと
エアラインスクール併用CA合格体験記
JALCA既卒合格!2ヶ月の準備でエアライン2社合格しています。
「これまでで一番ベストな出来。何を聞かれてもどうにかなりそうな気持ちで臨むことができました!」エアラインCA2社合格を引き寄せるまで何を考えどう行動したのかがわかります。