客室乗務員 エアライン企業研究一覧

バニラエアの求める客室乗務員像

バニラエアの利用者の7割以上が台湾からの利用ということで、中国語でコミュニケーションが取れる方が歓迎されてはいるものの、経験は不問!とあるように、様々なバックグラウンドを持った人材を幅広く採用しているバニラエア。そんなバニラエアが求める客室乗務員像をお伝えします。

フジドリームエアラインズ(FDA)の求める客室乗務員像

フジドリームエアラインズは、最後の地方空港とよばれ全国で98番目の静岡空港を拠点に2009年7月に開設されました。地域と地域を小型リージョナルジェット機(Embraer170、Embraer175)を使いダイレクトに結んでいるFDA(フジドリームエアラインズ)。そんなFDAが求める客室乗務員像をお伝えします。

シンガポール航空の求める客室乗務員像

中華系、マレー系、インド系その他にも多くの外国人労働者を受け入れている多民族国家なシンガポール。シンガポール航空を利用するお客様も様々な国の方が多いことからも、多種多様な文化への対応力や柔軟性なども必要です。そんなシンガポール航空が求める客室乗務員像をお伝えします。

スポンサーリンク